×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

いでのじょう
出野城
所在地 京都府船井郡京丹波町出野
探訪日 2013年12月07日
出野城の所在地。
緑の部分は大まかな範囲。赤いラインは訪れる際に利用すると良い道を示す。
山頂の八幡神社への参道となっており、車でも一応上がれるが、控えた方が無難。
南側から見た出野城。麓からの比高差がおおよそ50m程でそれほど高くないが、由良川の流れに突き出した独立峰の為、見晴らしは良いと思われる。
入口の目印はこの八幡神社の鳥居と携帯電話の電波塔が目印。
地元の方は軽自動車でこの急坂を上がったりされているが、個人的には車で上がる事はあまりお勧めできない。
途中でいくつかの削平地があったりしたが、お絵かきを含む探訪が時間がそれほど無かったので、今回のお絵かきからこの削平地は抜けている。
車だと一応ここまで来れるが、車一台が折り返すのがやっとの場所なので、後続車が来たら窮地に立つだろう。
徒歩で上がってきた自分はそのまま奥の階段を昇り、先に進む。
八幡神社の本殿らしいが、奥にもお社があるのでどちらが本体かは不明。
ただ、手前のお社の真後ろにはちょっと高い石積みがあり、出野城の遺構の一部であった可能性も考えられる。
更に奥へ進むと少し藪化している。実は撮影した自分でもこれが何だったのか忘れる失態を犯してしまっているのであった。
実は短いお絵かきタイムだった為に、あまり遺構の写真は撮影していかなったのであった・・・。
帰り際に北側から出野城を望む。
この出野城は武蔵国新座郡出身の片山氏の末裔が築いた城で、関ヶ原の合戦のあった年に落城したという記録がある。片山氏の歴史はこちらのページに書いてあるので、興味があったら参考されたし。
出野城のお絵かき。遺構の規模は実に簡素だが、西側斜面に竪堀をいくつか用いている。
また、車道造成で崩されてしまっている部分もかっては一つの平場であった可能性がありそうだ。

全国城館リストへ トップページへ


(C) 2007 Giichi(儀一).