×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

かなやじょう
金谷城
所在地 愛知県豊田市
金谷城の所在地。
緑の部分は大まかな範囲。
 ほぼ北側から見た金谷城の遠景。中央付近の茂みが金谷城跡で、左に見える建物は豊田市福祉センター。
城内を名鉄三河線が走っている。城内へは線路の土手の西側を伝って行った。
 線路脇には稲荷神社への赤い鳥居が立っており、人が一人歩ける程度の道が城内に向かって伸びている。
 入口の写真を撮り忘れたので城側から見た写真にて。
 城内にある高木稲荷。背丈の低い柵の向こう側を電車が走り抜ける。
 ここって下手にお参りしてると電車を停めてしまいかねない危険な場所かも知れないな。
 なに気にこの稲荷神社に中条氏に関わる事が書かれていた。埼玉の熊谷市よりこの金谷城へ移住した中条氏がここに住んでいたという事をちょこっと書いてくれているのが嬉しい。
 稲荷神社になっている所を除いては竹林と宅地になっており、ある意味全部を歩くのに手間がかかる。竹林側には柵も設けられていた為、今回侵入は断念した。
 城内は竹がかなり生い茂っている事もあり、結構薄暗い。まして夕暮れ時だったので、その不気味さは更に増していた。
 そんな竹林の中に谷津がいくつか枝分かれしていたが、果たしてどれが天然か城の堀か区別できなかった。
 堀も兼ねたと思われる谷津に名鉄三河線の橋がかかっている。
 雰囲気は不気味でもたまに電車が通るので、この場所自体は比較的賑やかなものであった。
 金谷城の石碑は勝手神社境内にある公園の一部に道路に向けて建てられている。
 地形を見ても現在宅地になっているところにも遺構があったと思われるが、それらしい地形も残されていなかった。
 大雑把な形を書いた金谷城付近の地形。東と北側は低地になっており、南側は谷津が深い堀を成しているので城の範囲は高木稲荷のある場所でほぼ間違いないと思われる。しかしながら肝心の遺構を見つける事ができなかった。
 それでも個人的には中条氏の移住先に来れた事に満足をするのであった。

全国城館リストへ トップページへ


(C) 2007 Giichi(儀一).