×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

すわはらじょう
諏訪原城
所在地 静岡県島田市
諏訪原城のおおまかな所在地。
緑の部分は大まかな範囲。
諏訪原城は国指定史跡だけあって、広い駐車場が完備されているので、車で来ても安心して見学できるのが魅力的である。
どうしても目を奪われてしまうのはこの巨大な丸馬出であろうか。
堀は底に立ってこそ真価が分かるというもの。そんな事で堀ぞこに降り立ってみた。
向かって左側が城内であるが、長い歳月を経ているのでかなり緩くなってしまっている。
こちら二ノ曲輪付近、向かって左側は土塁であるが、厚みがあるので、平気で曲輪と呼んでも差し支えなさそうにも思える。
こちらは武田氏時代の雰囲気を残す丸馬出。城が徳川に渡って堀が外に向かって二倍ぐらい掘り広げられたというのがここを見ていると分かる。
ここの土橋の恐怖は落差がおおそよ数十mもある崖がすぐ側にある事だろうか。慎重に渡ろうにも写真の場所の土塁上から長槍で突っつかれてたら転落間違いなし。
二ノ曲輪と主郭の間には天然の谷津があり、そこは今も湧水がある。ゆえに城内の生命線である水の手がある。
同じく水の手である「カンカン井戸」。沢の上部に位置しており、今でこそ底は埋められてしまっているが、掘れば今も水が出てくるだろう。
主郭には解説板がある。
近年木が伐採されたので、主郭からはかっての眺望が見れるようになっていた。眼下にはJR金谷駅、奥には大井川を隔て島田市街が見渡せる。
主郭の直下の空掘を見忘れてはならない。崖端部とは言え、空堀を二重に作り隙を見せていない。
別の角度からもう一度。個人的にはこちらの空堀が一番のお気に入り
ちなみに空堀のすぐ下には車道が走っている。
見応えで見学するなら西側の丸馬出付近がお勧めである。発掘調査を終え、木々が無くなったその場所は、かっての馬出を思い起こさせてくれる事間違いなし。
こうやって丸馬出を一望できるのが非常に贅沢な気がしてくる。
先ほどの丸馬出近くには真新しい解説板と石碑が建てられている。図で解説しているので、非常にわかりやすい。
そんな事で諏訪原城のお絵かき。
台地の末端部を利用して作られているので、東側はほとんど山城と同じ状態である。
巨大な空堀や丸馬出に目を奪われがちだが、主郭直下の空堀部分も工夫がなされており、こちらも見逃せない。

全国城館リストへ トップページへ


(C) 2007 Giichi(儀一).