×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

かまだじょう
鎌田城
所在地 静岡県伊東市
鎌田城のおおまかな所在地。
緑の部分は大まかな範囲で、赤線は今回探訪に使用したルートを示す。
鎌田城のある城山を南東側(城ノ平)から望んだ所。なかなかの山容である。
小雨のぱらつく八月。とても城館探訪に適せぬこの状態で、ここまで来てしまった。
城への道は奥野トンネル東側に広い駐車場があり、そこに車を停めて探訪する事ができる。
国道沿いには鎌田城へのハイキングコースの案内が書かれており、これを見ればひとまず安心?鎌田城の図面も掲載されている。
駐車場の奥に入口がある訳だが・・・鬱蒼としたこの道を進む事になる。
一応途中で案内板があるが、いきなり沢登りになるので、足元が滑りやすい。充分に気をつけて行きたい所。
黙々と進むと沢を離れ、斜面脇の細い道を通り写真の稜線沿いの分岐点に辿り着く事ができる。
ここでもしっかりと城への道順が書かれているので、それに従って進んでいく。
途中で東伊豆線42号の足元を通過する。この辺は完全に城跡ではないので、鉄塔をマジマジと眺め楽しむ
(当方鉄塔ファンでもある)
さらに進んでようやく城の遺構にめぐり合う事ができた。
城の中心に近づくにつれ、美しい横堀と土橋にうっとりする事となった。
うーん、たまらん。
北東側の横堀。思っていたより規模が大きく、そして見ごたえがある。
鎌田城からは伊東の町並みを眺める事ができる。本来なら良い風景が拝めたはずだが、あいにくの天気なのでこれが精一杯といった所。
展望台もあるらしいのだが、おそらく南西側の曲輪の事かと思う。木が伐採されて、西には松川湖の風景を望む事ができる。
主郭北側の様子。今回傘をさしながらお絵描きを並行して行ったので、とりわけ撮影した写真が少ない。なにより蜘蛛の巣がすごい設置されていて、思い切りゲンナリしてしまった。
これはまた行く必要がありそうだな。
鎌田城のお絵かき。
四つの尾根の内北側以外は堅固な縄張りになっており、個人的には西尾根の土橋や枡形虎口がお好み。
ハイキングコースとして整備されている上、城内もそれほど酷い藪は無いのでじっくりと見学できる良い城である。

全国城館リストへ トップページへ


(C) 2007 Giichi(儀一).