×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

いまいじょう
今井城
所在地 東京都青梅市
今井城の所在地。
緑の部分は大まかな範囲。
今井城へは西側の住宅地内部に城の寸前で行き止まりになっている所があるので、そこに車をちょっと駐車させて訪れさせてもらっている。
写真のガードレール向こうには今井城の解説板が設置されている。
以前来た時には無かったが、遺構を衰亡に至らしめる行為を戒める看板も設置されていた。
こういう行為をしないようにくれぐれも注意をしたい。
中に入り少し歩くと、早速空堀が目に飛び込んでくる。
薮も少ないので、夏場でも鑑賞可能な所がとても良い。
ただ、藪蚊だけはウヨウヨ居るので対策を忘れずに。
先ほどの堀はそのまま北側へも伸びている。
そして堀をより深くする為に外側にも土塁を盛っている。写真はその盛られた堀外の土塁の風景。
日光の加減で少々分かりづらいが、先ほどの堀を辿って行くと土橋が設置されている。
そのまま北に空堀を辿っていくともう一つ土橋が設置されている。
写真左上は車道が走っており、遺構が宅地に非常に近い場所に所在しているのがよく分かる。
最初の土橋を渡ると、今井城の巨大な空堀と土塁が目に飛び込んでくる。
これだけの遺構が高低差無しに見れるというのは実に素晴らしい。
西側からぐるっと回って主郭の南側を眺める。奥には今井城の外の光景が見え、城が南に対して高い位置にあるのが分かる。
土橋を渡り、主郭部分へ。この今井城はかなり藪を刈ったりなど整備をしてくれているので、手軽にこういう美しい風景を見る事ができるのはくどいが有難い事だ。
主郭の北側には虎口が設けられており、更に土橋もある。
主郭の北側の空堀も、外側に土塁があって深さをつけてある。地形的に削り残しという感じだが、見事な物である。
上の写真の土塁のお陰でこんなに深い空堀ができた。うんうん、これぞ眼福という物か。
変わってこちらは主郭南の空堀。木の向こう側には南側の虎口と見られる地形があり、それが主郭の土塁に突き当たって横矢を掛ける構造になっている。
シンプルだがいいね。
今井城のお絵描き。
元々舌状台地の先端にあった方形館をそのまま拡張整備した形になっているのが、お絵描きをするとよく分かる。
それにしても周囲は完全宅地化された中、この遺構だけはこういう良好な保存状態で残ったのは奇跡と言わざるを得ない。
今後もその良好な遺構を、多くの城郭愛好家の皆様に見せ続けて欲しいものである。

全国城館リストへ トップページへ


(C) 2007 Giichi(儀一).