×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

おのじじょう
小野路城
所在地 東京都町田市
小野路城の所在地。
緑の部分は大まかな範囲。ピンクのラインは今回城へ向ったルートを指す。
小野路城を西側の高校グランド越しに望む。
この辺は自然豊富で、東京都にいるのを忘れてしまう程の自然にあふれていた。
小野路城へはいくつかのルートがあるようだが、今回は西側麓から訪れてみた。
谷津で水田がまだ残っており、写真右にはご覧の公衆トイレが設置されているので、用を足す事ができる。
お腹をスッキリさせたら、写真中央の階段から小野路城へ向かう。
登る前にふと振り返ると新多摩変電所を出た送電鉄塔東京西線が見えた。
そうだ、ここは電源開発の南多摩変電所が近いのであった。変電所は機会があればじっくり楽しませてもらうとしよう。
途中で妙に削平された竹林を通過した。
もしかしてこの辺は居館だったりしたのだろうか?
それからしばらく歩くとようやく小野路城らしき平場がいくつか見え始めた。
しかも送電鉄塔まで建っていた。路線名は小山田線で、ナンバーは2。あれ?南多摩変電所まで距離はあるけど・・・何故2なのだろうと考えて地図を見たら、分岐していたようだ。なるほど。
更に東へ歩いて行くと主郭が見えてきた。
堀切なのか微妙な溝から主郭に到着。
背後には土塁があり、東側(写真の右中央奥)にお社がある。
主郭の北側の土塁背後は急落しており、その先には水の手であった「小町井戸」があった。
解説板には小野小町が病に掛かった時、この水で目を洗ったら全快したという伝説のある井戸である。
静かな山中にここだけはチョロチョロと絶えず音を立てながら水が流れていた。
お社を出てしばらく歩くと軽自動車が通れる位の里道に出る。
その里道沿いに小野路城の解説板が設置されていた。
南東方面の尾根筋にはかなり埋もれた堀切がある。のっぺりしすぎて里道に見られちゃうが、その先は急落してるので堀切と見てほぼ間違いないかと思う。
主郭の南に谷があり、その向こう側には折を付けた虎口と見られる地形がある。
小野路城のお絵描き。
なだらかな丘陵地帯に作った城ではあるが、割と谷は深くてしっかり作りこめば要害になりうる地形である。

全国城館リストへ トップページへ


(C) 2007 Giichi(儀一).