×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

あんげじょう
案下城
所在地 東京都八王子市
案下城の所在地。
緑の部分は大まかな範囲。赤いラインは城へ向かうのに最適と思われるルートを指す。
案下城を西側集落より。
画像には主郭と書いたが、麓からみると正直似たようなコブ山があって紛らわしい。
まずは城の南麓にある浄福寺に車を停めさせていただいた。今後もこの案下城を探訪される方の為にも、お寺さんに断って駐車させていただいた方が良い。
写真奥の石積み前には案下城の解説板がある。
これがその解説板。
『浄福寺城』の名で解説があるが、個人的には案下城の方が馴染みがあるので、このページにおいては「案下城」で統一する。
それにしてもこの城は「案下城」・「浄福寺城」・「千手山城」・「新城」といくつも名前があって文献を読む上では紛らわしい。
八王子市で「浄福寺城」という名前で史跡登録されているのであれば看板も統一した方が良さそうな気がしないでもない。
本堂西側の山裾には「白山大権現」というお社があり、墓地の中央を抜けるとある。このお社で向かって左の山道を登って行くとハイキングコースになっている。
実は本堂裏側の沢道を行ったら行き止まりだったので注意したい。
尾根の先端には比較的広く削平された平場&神社があったが、何故か撮影し忘れた。
その後ろには写真の虎口風の場所があり、有針鉄線の囲いのしてあるアンテナが設置されている。
感じ的にここも城の一部だろう。
その先はしばらく自然地形が続くが、再度虎口風の場所が出た途端に城らしい地形になってくる。
写真は土橋になっており、奥で切岸を避けて脇から登っている。
・・・が明らかに後から作られた登山道によって直線コースになっている。腰曲輪の脇をみると切岸を巻くように人のなんとか歩ける道があったりするので、こちらを見ながら進んでいくのも楽しい。
途中で我が心を打つような綺麗に削平された曲輪を見る事ができた。
腰曲輪でここまで綺麗に削平されているのは、久々に見た気がする。
配置から見て主郭と思われる曲輪は割と広く削平されており、中央には櫓台と見られる曲輪がドデンと作られている。
櫓台の向こう側にも曲輪がある。
主郭から西に伸びる尾根には手前側に一ヶ所堀切があるだけで、ほとんど自然地形が続き、100m程離れた所にいきなり写真の堀切が作られている。
「東京都の中世城館」の図面を見なければきっと見落とされてるほど遠くにある。
変わって登ってくる時に通った尾根の東隣の尾根には、これまた美しい土橋付き堀切が。でも岩盤を削り残しているので、正確には岩橋か。
写真じゃ伝わらぬこの立体感がムラムラとお絵かきをさせたくなる。
北側に伸びる尾根には三連続の堀切があり、主郭側の二つはかなりの大きさがあって見ごたえバツグン。
これも写真じゃ伝わらない芸術品。畝状空堀が四連で掘られている。
同じような遺構が群馬県の松井田城にも見られるとの事なので、この辺は明らかに後北条系の築城であると言っても差し支えなさそうだ。
一番東側に伸びている尾根筋にはこれまた不思議な形状の遺構を見る事ができる。
中央には堀底道が作られ、両方の曲輪から頭上攻撃できるように作られている。これをみるとこちらが追手側と思えてしまう。
一番東にある堀切もかなり気合の入れた掘り方で見ていてうっとり。
ちなみに城の範囲が予想していたより大きかったので、お絵かきするのに一日半かかってしまった。写真だけ撮る方だったら半日もあればじっくり見られる城だろう。
案下城のお絵かき。
別名「千手山城」の名前がある通り、指を四方に広げたような尾根が伸びているのが特徴。
個人的には一番北側が親指、トンネルが下を通過している所が人差し指。中指・登ってくる時に通過した薬指と並んでいるように見えてしまう。そして本曲輪から100m程離れた堀切は小指のポジションかな。
特に親指と人差し指は後北条系の築城技術がてんこ盛りなので、かなり見ごたえはある。

全国城館リストへ トップページへ


(C) 2007 Giichi(儀一).