×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

北川辺町(きたかわべまち)
 埼玉県の東北最端部に位置していた町。周囲を利根川や渡良瀬川などの大河が流れ、昔から河川の氾濫が多い土地である。明治期には渡良瀬川の貯水地になる予定であったが、田中正造代議士の嘆願により免れ、今もなお町民から感謝されている。
 平成22年3月23日をもって加須市と合併し、新加須市の一部となった。

 中世頃には落ち延びて土着する武士が多くおり、それらの人々がこの地の開拓に尽力している。東には古河市があるので当町も古河公方方の直轄領として活躍してきたものと思われる。
 延徳年間(1489〜91)には倚井(よりい)に源氏の末流を称する石川信濃守義俊が陣屋を築き、この地を「麦倉」と称するようになったが、羽生城方によって攻められ滅亡している。
 中世遺構は同県川島町に似た傾向にあり、 旧河川により構成された河段堤防上に館跡がある事が多い。
当ページ収録城館跡一覧 早見表
麦倉城 大曽四郎館 江田氏館 源右衛門屋敷
平井外記屋敷
※注意 旧加須市域の城館はこちらをご覧下さい。
←各項目にあるこちらのアイコンはゼンリン社の現地地図にリンクしております。参考のまでにご覧下さい。

城名 麦倉城 読み むぎくらじょう
所在地 埼玉県加須市麦倉 所在地地図
別名 倚井陣屋 コード 11_07_005_00100
築城年 明応年間
(1492〜1500)
主な城主 石川信濃守義俊・
石川勘解由佐衛門
俊重
廃城年 永禄十一年
(1568)
形態 陣屋
    
備考  石川氏は源氏の末流で、源氏石川氏は八幡太郎義家の子義時より出て、二代目義基が河内国石川郡に土着した事より始まる河内源氏石川氏がいる。南北朝期には七代目義忠が南朝方に仕えて敗れた為、本領河内国石川郡を追われ、下野国(現在の栃木県)に落ち延びてきている。九代目の朝成が小山氏を名乗っている。当地の石川氏がこの流れである事を示す資料を見つけてないが、かなり可能性は高いと思われる。
 石川氏がこの地に住み始めたのは、『新編武蔵風土記稿』によれば明応年間(1492〜1500)で、古河公方足利成氏の家臣石川権頭義俊がこの地に陣屋を構えたという。その末裔が、代々この陣屋に住み百人余名の武士が詰めていたと伝わる。それ以前はこの地を倚井(よりい)と呼んでいたが、明応元年(1492)に麦倉と呼ぶようになったという。

 十五代目の勘解由佐衛門俊重の代に小田原北条氏が北関東にまで勢力を拡大してきたが、石川氏はこれに屈することなく抵抗していた。そこで北条氏は永禄十一年(1568)六月上旬に羽生城主木戸相模守長照に麦倉城攻略を命じた。
 麦倉城周辺の畑にはとうもろこしが茂って居たために攻め手の姿を隠し、城兵は近距離に来るまで接近に気づけなかった。城の周辺は略奪されたうえ焼き討ちに遭い、俊重以下城兵は奮戦の上自害し落城したという。俊重の遺児たちは伯父の将膳に伴われて城の裏口より脱出し、下野国戸津根(情報提供された方により「栃木県下都賀郡大平町伯仲」と判明)に落ち延びた。
 いつまでも亡命生活をする訳にもいかず、天正二年(1574)に麦倉に戻った時には既に城は廃墟となり、草野になっていた。遺児たちは戦死した俊重以下城兵を弔うとともに、麦倉の再開発に努めたという。

 遺構は西小学校周辺にあったとされるが、現在はその痕跡も見ることができない。しかしながら小学校の一角には城があった事を示す碑が建てられている。

城名 大曽四郎館 読み おおそしろうやかた  
所在地 埼玉県加須市麦倉 所在地地図
別名   コード 11_07_005_00200
築城年 鎌倉期? 主な城主 大曽四郎?
廃城年 不詳 形態
   
備考  伝える話によれば鎌倉時代の御家人大曽四郎の館があったと伝え、この周辺には「大曽塔婆郡」と言われる大量の板碑が発見されている。

 ここは古代利根川が蛇行して流れていた所で、周辺に比べて2m程高い自然堤防を成している。しかしながら宅地化されたりしており、遺構は失われてしまっているものと思われる。

城名 江田氏館 読み えだしやかた  
所在地 埼玉県加須市伊賀袋 所在地地図
別名   コード 11_07_004_00300
築城年 延元二年?
(1337)
主な城主 江田伊賀守政氏
江田兵庫介貞行
廃城年 不詳 形態
    
備考  江田氏は源氏新田氏の末という名門であったが、伊賀守政氏は足利尊氏との戦に破れ上州新田郡江田邑より落ち延びていた。
 延元元年(1336)十二月二十八日の雪の降る夕刻、一族と供に渡良瀬川を渡り浅間神社で一夜を過ごした。その時に村人よりうどんを賄われ、新年を迎えたという。こうした事もあり江田一族はこの地に住み、子孫は浅間神社の神官となって開発に尽力するようになったという。
 また、それまでの「袋」という地名に伊賀守政氏から名前を取り「伊賀袋」と呼ぶようになったのだという。

 政氏の子貞行は三歳の頃父に伴われてこの地に訪れた。貞行は幼少の頃より文武を好み、成長すると足利義満に召抱えられ、後に兵庫介従五位下に任じられた。主な活躍として応安三年(1370)に越中にて桃井直和と合戦し、敗走させている。

 渡良瀬川の旧河川岸に今も浅間神社はあり、その辺りだけ小高い丘になっている。遺構があるかは不明であるが、その周辺にあったものと思われる。

城名 源右衛門屋敷 読み げんえもんやしき
所在地 埼玉県加須市飯積
字本村
所在地地図
別名   コード 11_07_005_00400
築城年 天正期
(1573〜1591)
主な城主 新井大膳
新井源右衛門
廃城年 江戸期? 形態 屋敷
   
備考  室町期に新井大膳という武士がこの地に屋敷を構えていたという。
新井家に伝わる系譜によると平清盛より二十代目にあたる新井丹後守は、館林城主長尾但馬守顕長(由良信濃守成繁二子)に仕え、その勇将ぶりを伝えた。
 丹後守の曽孫に大膳という者がおり、天正期に飯積本村に帰農し、大膳の長男である源右衛門の代には大いに栄えて分家を多く出したという。後に訳あってこの地を去り、筑波山麓に移住したという。

 飯積本村に移住する土豪が多く、いずれの場所がどの土豪が住みついた場所なのかは定かではない。今も残る洪水よけの高台が、そのいずれかの屋敷の名残に思えてくる。

城名 平井外記屋敷 読み ひらいげきやしき
所在地 埼玉県加須市飯積
字本村
所在地地図
別名   コード 11_07_005_00500
築城年 不詳 主な城主 平井下記
廃城年 不詳 形態 屋敷
   
備考  伝えによれば平井外記の祖は源頼光の家人、平井政麻呂であるという。
治承四年(1180)に源頼光の玄孫頼政が宇治平等院で自刃した時、渡辺競や猪早太らの郎党は戦死を装い諸国を放浪した末、古河の地に住みついたのであるという。その数名の中に平井某が居た可能性がある。

 平井外記は江戸初期の飯積の名主で、周辺の開拓に尽力をした功績があった。正保年間(1644〜1647)の大飢饉により飢えに苦しむ人々を見た外記は、米蔵を開けて人々に分け与える事を決意し、救助をする。しかし、それは領主の法度に触れる行為であり、平井家は取り潰しにあい、外記もその責を負い正保四年(1647)に自害して果てた。
 村人たちは外記の助命を領主に嘆願したが、受け入れられなかった。その代わり外記の娘一人は助命を許され、平井家を継承し字中新田に新居を構えたのだという。

 遺構は利根川の河川改修により堤防になり、完全に消滅したものと思われる。

埼玉県市町村別へ 都道府県別へ トップページへ


<<主要参考文献>>
北川辺の民俗(1)
北川辺町史 史料集(九) 民俗
北川辺町史編纂委員会
新編 岡崎市史 中世2 愛知県岡崎市 (1989)
埼玉の中世城館跡 埼玉県教育委員会 (1989)
埼玉の館城跡 埼玉県教育委員会 (1969)
日本城郭大系5 新人物往来社 (1980)
日本城郭大集4 人物往来社 (1967)
     


城名 渡辺氏館 読み わたなべしやかた  
所在地 埼玉県加須市北川辺地区内 所在地地図
別名   コード 11_07_005_10100
築城年 不詳 主な城主 渡辺主水介
廃城年 不詳 形態
   
備考  源頼政の家人、渡辺競(きそう)らは頼政が治承四年(1180)に平等院にて自害する際に脱出し、諸国を放浪した上、古河に住みつき久しく住する事となったのであるという。
 子孫である与右衛門の頃に凶事が続き、その原因が競が持っていたと伝えたれた帯刀なのだと言われ、不動尊に帯刀を勧請したのだという。

 現在の所、渡辺氏の住んだ所などについては未調査である。