×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

羽生市(はにゅうし)
 埼玉県北東部の市。北は利根川が流れて群馬県との境をなしており、市内には東北自動車道も走る。

 中世には古河公方足利氏の支配下にあったようで、その家臣である広田信繁が羽生城を築城した。戦国期には上杉輝虎方に付き、度々隣接する忍領主成田氏と抗争をした。そのため市内を見ると利根川の旧河川地帯(現在の「会の川」)沿いに西の忍城に対する要害が幾つか残っている。
 やがて羽生城は自落し、当地は忍成田氏の領地となった。
羽生城及び周辺の城館跡に詳しいブログです。
こちらのページ作成においても大変お世話になりました。
クニの部屋
 -北武蔵の風土記-
当ページ収録城館跡一覧 早見表
漆原館 葛浜氏館 桑崎堀の内 中手小林館 ※
下川原堀の内 羽生城 平野屋敷 風張砦
堀越館 川俣砦 ※ 源長寺館 今泉外の内
小須賀内手 小松寺館 本光寺城 (仮称)村君屋敷
草原氏館
※注意
「古城(こじろ)」と「寄居」は他の地域との城館分別のため名称を変更しています。
(変更前)古城 → (変更後)中手小林館
(変更前)寄居 → (変更後)川俣砦


 
←各項目にあるこちらのアイコンはゼンリン社の現地地図にリンクしております。参考のまでにご覧下さい。

城名 漆原館 読み うるしばらやかた
所在地 埼玉県羽生市下新郷 所在地地図
別名 中島丸の内 コード 11_07_003_00100
築城年 戦国期 主な城主 新井兵部之丞常直
廃城年 不詳 形態
   
備考  戦国期は忍方の出城であって、かっての利根川の分流(現会の川)沿いに作られた要害であった様である。新井氏は後に漆原氏を称し今も現地に住する。

城名 葛浜氏館 読み かつらはましやかた
所在地 埼玉県羽生市中手子林神戸 所在地地図
別名   コード 11_07_003_00200
築城年 鎌倉期 主な城主 葛浜四郎行平
神戸三郎
廃城年 不詳 形態
   
備考  葛浜氏は藤原秀郷の系統を組む武士で、大河戸行方の四子である四郎行平が当地葛浜に住んだ事により、その地名を取り「葛浜」を姓とした。また、一説によれば神戸(ごうど)三郎は葛浜四郎行平と同一人物であるという。なお、葛浜郷は当羽生市から加須市にかけて及んだ地域である。
 治承五年(1181)二月に兄達と共に源頼朝の元に祗候(しこう・側に仕える事)したという。

 明確な遺構は残されていないが、堀と僅かな高まりが周囲に残る。

城名 桑崎堀の内 読み くわさきほりのうち
所在地 埼玉県羽生市桑崎堀之内 所在地地図
別名 桑崎砦 コード 11_07_003_00300
築城年 戦国期? 主な城主 不詳
廃城年 不詳 形態
   
備考  かっての利根川の河段丘上に作られた砦。本曲輪と思われる最高所は比高差5m程もある。

城名 中手小林館 読み なかてこばやしやかた
所在地 埼玉県羽生市中手小林 所在地地図
別名 古城(こじろ) コード 11_07_003_00400
築城年 戦国期 主な城主 島村又右衛好勝
廃城年 不詳 形態
   
備考  戦国期は誰がここを守っていたかわかっていない、地元では殿様の米蔵があったとも伝わる。島村氏は万治三年(1660)に道仏村(杉戸町)より当地に移住し、子孫は代々この地に住んだ。

城名 下川原堀の内 読み しもかわらほりのうち
所在地 埼玉県羽生市大字名 所在地地図
別名 渋井越前守館
堀之内城
コード 11_07_003_00500
築城年 戦国期 主な城主 萱場源五次郎吉家
渋井越前守吉元
廃城年 不詳 形態
   
備考  羽生城主木戸伊豆守配下である萱場吉家と城であり、越後の上杉謙信に属していた。天正二年(1571)に羽生城自落の際、萱場源五次郎は越後に退去する事となった。しかしその子である源光斉は盲目であった為に越後へ行く事が出来ず、家老であった甥の渋井越前守吉元に託し越後に引き上げた。
 それ以後は渋井越前守はこの地に住む事となり、慶長十七年(1612)頃に亡くなったとされる。

 遺構は北の利根川堤防の築堤によりかなり失われてしまっているが、その跡地とされる八幡宮は今もある。

城名 羽生城 読み はにゅうじょう
所在地 埼玉県羽生市羽生城沼 所在地地図
別名 羽生古城 コード 11_07_003_00600
築城年 戦国期? 主な城主 広田式部大輔直繁
木戸伊豆守忠朝
大久保忠隣
廃城年 慶長十九年
(1614)
形態 平城
   
備考  羽生城の築城時期については詳しくわかっていないが、天文年間には城主広田直繁の名が見られるので、それ以前にはあったのではないか言われる。天文二十一年に小田原北条氏によって落城させられ、城代に中条出羽守が入城したという。
 永禄三年(1560)に越後より上杉輝虎が侵入し羽生城を落城させ、再び城主として広田直繁と木戸忠朝に命じた。以後は上杉方対北条方の抗争の場として、周辺は戦場と化した。しかし、上杉方が遠国越後からの出陣であったので、戦況的不利は否めない。そこで天正二年(1571)に木戸忠朝以下城兵を上州膳城(現群馬県前橋市)に移し、羽生城を壊して自落させた。
 天正三年(1572)に隣接する忍城城主成田下総守氏長が羽生領を支配する事となり、城代として成田大蔵少輔長親が入った。しかし、天正十八年(1590)の豊臣秀吉が関東に攻めた時には城兵は羽生城を捨て、忍城に篭城したという。
 小田原北条氏が滅んだ後に関東に徳川家康が入国、羽生城城主にその家臣大久保忠隣が入城した。その後慶長十九年(1614)に大久保忠隣は改易の憂き目に遭い、それに伴って羽生城は廃城となり、以後羽生領は幕府の天領地となった。

 城内は市街地化され、遺構の状態はあまり良くない。しかし、市内には城の水堀の跡や城沼のあった場所など、羽生城を偲ばせる地形はいくつか残されている。

城名 平野屋敷 読み ひらのやしき
所在地 埼玉県羽生市藤井下組 所在地地図
別名   コード 11_07_003_00700
築城年 江戸期 主な城主 平野氏
廃城年 不詳 形態
   
備考  江戸期の屋敷だという。

城名 風張砦 読み ふっぱりとりで
所在地 埼玉県羽生市上村君字風張 所在地地図
別名 福張(ふっぱり)
風ッ張
コード 11_07_003_00800
築城年 戦国期 主な城主 今成伊豫?
廃城年 不詳 形態
   
備考  砦の跡と伝わる。新編武蔵風土記稿には「東西二町五十間南北二町三十間」と規模が書かれているが、現在では明確な遺構はあまりない。安楽寺の縁起に今成伊豫が開基と伝えている。

城名 堀越館 読み ほりこしやかた
所在地 埼玉県羽生市藤井上組 所在地地図
別名   コード 11_07_003_00900
築城年 鎌倉期? 主な城主 藤井修理
菅原左衛門佐など
廃城年 不詳 形態
   
備考  館主については藤井修理、広田直繁の子菅原左衛門佐、大久保氏家臣で羽生城城代である匂坂道可などが挙げられるが明確な事は分からない。

 羽生市内において空堀が最も良く残る。

城名 川俣砦 読み かわまたとりで
所在地 埼玉県羽生市上川俣 所在地地図
別名 寄居・亀開城 コード 11_07_003_01000
築城年 戦国期 主な城主 川俣主膳
廃城年 不詳 形態
   
備考  川俣氏の亀開城が当地であったという説もある。川俣氏は藤原秀郷の末裔にあたり、佐野左衛門尉実綱の五男戸室親綱から始まる戸室氏の一族であったという。
 足利氏に仕え川俣に領地を得ていたが、天正十一年(1583)に川俣主膳は家臣の裏切りに遭い落城、一族郎党を引き連れて羽州庄内の最上氏の元へ赴き仕えたという。

 埼玉用水路沿いに2m程の土塁を良く残し、西隣は集落になりながらも地形的に高まっている事から遺構の一部であった可能性は高い。

城名 源長寺館 読み げんちょうじやかた  
所在地 埼玉県羽生市藤井上組 所在地地図
別名   コード 11_07_003_01100
築城年 不詳 主な城主 不詳
廃城年 不詳 形態
   
備考  羽生城の出城の一つだが、上杉謙信が山門に大砲を取り付けて羽生城を攻撃したという伝承が残る。

城名 今泉外の内 読み いまいずみとのうち  
所在地 埼玉県羽生市今泉 所在地地図
別名   コード 11_07_003_01200
築城年 戦国末期 主な城主 斉藤民部少輔盛秋
廃城年 不詳 形態
   
備考  斉藤盛秋は越州上杉家家臣で、後に浪人しこの地に住んだという。子孫は代々この地に住み、盛秋の長男内左衛門が開基となった長光寺には、斎藤氏の墓がある。

城名 小須賀内手 読み こすがうちで
所在地 埼玉県羽生市小須賀 所在地地図
別名   コード 11_07_003_01300
築城年 戦国期? 主な城主 磯豊前義直
廃城年 不詳 形態
   
備考  忍城への備えとして羽生城主木戸伊豆守の家老である磯源助(豊前義直)が守ったという。羽生城落城後もこの地に住み続けたという。

城名 小松寺館 読み こまつじやかた
所在地 埼玉県羽生市小松 所在地地図
別名   コード 11_07_003_01400
築城年 戦国期? 主な城主 不詳
廃城年 不詳 形態
   
備考  中世からの集落が小松地区にあったという。かっての羽生領の総鎮守である小松神社が近くにあり、こちらに水堀がある。

城名 本光寺城 読み ほんこうじじょう
所在地 埼玉県羽生市羽生 所在地地図
別名   コード 11_07_003_01500
築城年 戦国期? 主な城主 不詳
廃城年 不詳 形態
   
備考  北西の支城と羽生城の中間に位置する事から伝えの城としての役割を担っていたと思われる。元亀二年(1571)に岩瀬河原でここの城兵が活躍したという伝承も残る。新興住宅街を囲むように環濠は残る。

城名 村君屋敷 読み むらきみやしき
所在地 埼玉県羽生市下村君 所在地地図
別名 村上屋敷? コード 11_07_003_01600
築城年 江戸期 主な城主 不詳
廃城年 不詳 形態 屋敷
   
備考  風張(砦)と下河原堀の内の中間に位置する屋敷で、当地には名主が住んでいたという。

 現在も外周を堀と土塁が巡る。

城名 草原氏館 読み かやはらしやかた
所在地 埼玉県羽生市? 所在地地図
別名   コード 11_07_003_01700
築城年 平安末期 主な城主 不詳
廃城年 不詳 形態
   
備考  草原氏は私市党の出身とされ、私市家景の子忠家が草原氏の祖であるという。羽生市にその領地があったと思われるが、現在居館跡などについてはわかっていない。

埼玉県市町村別へ 都道府県別へ トップページへ


<<主要参考文献>>
羽生市史 上巻 羽生市 (1973)
羽生城 
-上杉謙信の属城-
冨田勝治 著 (1993)
埼玉の中世城館跡 埼玉県 (1989)
埼玉の館城跡 埼玉県 (1969)
日本城郭大系5 新人物往来社 (1980)
日本城郭大集4 人物往来社 (1967)
加須市史 通史編 加須市  (1981)