×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

加須市(かぞし)
 埼玉県北東部の町で、鯉のぼりとうどんが有名な所である。平成22年3月23日に北埼玉郡内の騎西町・大利根町・北川辺町と合併し、新加須市となった。

 中世頃は市内を利根川の分流(会の川)が流れ、その流域に中世頃の館跡が集中している。羽生領・騎西領・鷲宮(神社)領に囲まれた地であったため、市内の城館跡の勢力が統一していない傾向がある。

 徳川氏関東入国時より設楽氏がこの地に領地を得て、幕末までこの地を治めた。
当ページ収録城館跡一覧 早見表
阿良川館 油井城 河口氏館 門井館
久下塚氏館 陣屋蔵屋敷 館山 設楽氏陣屋
花崎城 明願寺館 礼羽氏館 割目堀の内
志多見屋敷 皿沼 矢嶋氏屋敷


※ 地図は上が北になっております。 城館名をクリックするとこのページの城館データに飛びます。
※ 当地図は平成の大合併以前のものです。騎西大利根北川辺の城館は、各市町村のリストをご覧下さい。
←各項目にあるこちらのアイコンはゼンリン社の現地地図にリンクしております。参考のまでにご覧下さい。

城名 阿良川館 読み あらかわやかた
所在地 埼玉県加須市阿良川
字天神
所在地地図
別名 荒川氏館 コード 11_07_002_00100
築城年 不詳 主な城主 荒川太郎?
廃城年 不詳 形態
   
備考  玉泉寺境内が館跡と伝え、周囲に比べて標高が高く水路が巡っている。
 伝承によれば玉泉寺は太田道真が開基といい、本堂に「道真居士」と記した位牌があるが、卒年は記入されていないという。

城名 油井城 読み ゆいじょう
所在地 埼玉県加須市油井ヶ島
字沼附
所在地地図
別名 鐘撞山城 コード 11_07_002_00200
築城年 不詳 主な城主 猪俣小兵太則綱
廃城年 戦国末期? 形態
   
備考  猪俣小兵太則綱の末裔の城であるという。騎西(私市)城の支城である。
 当城が攻められた時に本城である騎西城に鐘を鳴らし救援を求めたが、騎西城も同時に攻められていた為に応援が来ず、城兵は武具を城に埋めて四散したという。

城名 河口氏館 読み かわぐちしやかた
所在地 埼玉県加須市川口
字岡・箕輪
所在地地図
別名   コード 11_07_002_00300
築城年 平安末期 主な城主 河口八郎太郎重保
廃城年 不詳 形態
   
備考  『吾妻鏡』に出てくる河口八郎太郎の館跡と伝わる。河口氏は横山党出身で、大串重保の子で大串広隆の弟である経保が北埼玉郡川口郷に住み、河口八郎を称した事から始まるという。『吾妻鑑』に見られる河口八郎太郎重保は経保の子である。
 当地は中世頃の利根川の渡河地点で、中世期の武蔵・下総の国境を望む交通の要であった事から、河口氏がいかに重要視されていたかが伺える。またこの地にある西蓮寺はこの河口氏が創建に関わるところであるという。

 現在当地は住宅化されており、遺構を見出すのは困難になっている。川口橋近くに洗礒大明神があり、その境内の石碑には河口氏に関する記述がある。

城名 門井館 読み かどいやかた
所在地 埼玉県加須市南大桑
字東岡
所在地地図
別名   コード 11_07_002_00400
築城年 戦国期 主な城主 不詳
廃城年 不詳 形態
   
備考  「門井の森」と言われ、森が生い茂っている周囲は今も水堀がある。
 館跡に住んだ武士などについては詳細が不明である。

城名 久下塚氏館 読み くげづかしやかた
所在地 埼玉県加須市久下四丁目 所在地地図
別名   コード 11_07_002_00500
築城年 鎌倉期 主な城主 久下塚本太郎親弘
廃城年 不詳 形態 館?
   
備考  児玉党久下塚氏が住したとされる館跡で、庄次郎弘定の子親弘が当地に住み久下塚本太郎を称したのが始まりであるという。

 推定地付近にはお堂が二つあるが、明確な遺構はないようである。

城名 陣屋蔵屋敷 読み じんやくらやしき
所在地 埼玉県加須市中央一丁目
(字康良居)
所在地地図
別名   コード 11_07_002_00600
築城年 寛政二年
(1790)
主な城主 設楽氏
廃城年 不詳 形態 陣屋
   
備考  寛政二年に礼羽にあった陣屋を加増村(加須)へ移したという。遺構は市街地化によりほぼ無く、「陣屋通り」や「陣屋会館(写真の建物)」の名前のみ残る。
 加須村分限野帳にはここを「蔵屋敷」として記録されているという。

城名 館山 読み たてやま
所在地 埼玉県加須市大越
字東正伝木
所在地地図
別名 大越氏館
館野 
コード 11_07_002_00700
築城年 不詳 主な城主 大越次郎貞正
小山氏?
廃城年 不詳 形態 館跡
   
備考  『鷲宮社領主(くさかんむりに刺)萱氏系図』によれば武蔵国大越郷の住人大越次郎貞正の名が記されている。この貞正の娘の子である重郎正忠が後に鷲宮社領主である(くさかんむりに刺)萱氏の祖先になるのだという。『加須市史通史編』においてはこの大越氏がこの大越に住んでいたのではないかと指摘している。
 新編武蔵風土記稿には小山氏が小田原勢に敗れた時に住した旨が書かれている。利根川の船運が盛んな頃、浅間川(利根川の分流)の渡河地を監視する役割を担っていたかも知れない。

城名 設楽氏陣屋 読み したらしじんや
所在地 埼玉県加須市礼羽
字前本村
所在地地図
別名   コード 11_07_002_00800
築城年 天正十八年
(1590)
主な城主 設楽甚三郎貞清
廃城年 寛政二年
(1790)?
形態 陣屋
   
備考  徳川家康の旗本である設楽氏は千五百石を与えられ、礼羽に陣屋を築いた。貞清の子である貞代の世代には加須・礼羽・馬内・戸崎の各村を知行したという。

城名 花崎城 読み はなさきじょう
所在地 埼玉県加須市花崎
二丁目・四丁目
所在地地図
別名   コード 11_07_002_00900
築城年 不詳 主な城主 不詳
廃城年 天文以降? 形態 平城
   
備考  各古書には記述が載って居るが城主などは伝えていない。永禄三年(1560)に越州上杉方についた木戸氏に攻められたという事から、小田原北条氏と強い関係を持った鷲宮城(粟原城)方の城だったのかもしれない。
 遺構の一部が公園化されている。

城名 明願寺館 読み みょうがんじやかた
所在地 埼玉県加須市平永
字明願寺
所在地地図
別名   コード 11_07_002_01000
築城年 鎌倉期? 主な城主 明願寺氏
廃城年 不詳 形態
   
備考  弘安四年(1282)の元寇の際に討死したという明願寺氏の館跡だという。

城名 礼羽氏館 読み らいはしやかた
所在地 埼玉県加須市礼羽
字西
所在地地図
別名   コード 11_07_002_01100
築城年 鎌倉期? 主な城主 礼羽次郎?
廃城年 不詳 形態 館?
   
備考  吾妻鏡によると建保元年(1213)の和田義盛が幕府を襲撃した際に、義盛の三男義秀の進入を防ごうとし討たれた武士の中に「礼羽蓮乗」の名が見られるという。
 館跡はあくまで推定地で、明確な遺構は特に残されていない。

城名 割目堀の内 読み わりめほりのうち  
所在地 埼玉県加須市
割目
所在地地図
別名   コード 11_07_002_01200
築城年 鎌倉期? 主な城主 清久氏?
廃城年 不詳 形態 館?
   
備考  加須市史に書かれている館跡推定地、同書によれば東隣である久喜市清久地区に住したという清久氏の一族が住んだのではと指摘している。

 現在も旧家が立ち並んでいるが、館跡と思われる遺構は見当たらない。ただ、集落の周辺を水路が巡っており、かって中世の館があった事を思わせる。

城名 志多見屋敷 読み したみやしき
所在地 埼玉県加須市志多見
字前志多見
所在地地図
別名 松村家 コード 11_07_002_01300
築城年 天正年間 主な城主 松村對馬尉吉宗
松村佐左衛門
廃城年 不詳 形態 屋敷
   
備考  天正年間に松村對馬尉(つしまのじょう)吉宗が当地に土着し、代々名主や代官を務めた。松村佐左衛門(さざえもん)は吉宗の三子で、大河内金兵衛久綱の元で公共事業に尽力したという。
 松村家と言われるこの地は周辺に比べて微高地である。

城名 皿沼 読み さらぬま
所在地 埼玉県加須市上樋遣川 所在地地図
別名 塚沼・七沼 コード 11_07_002_01400
築城年 不詳? 主な城主 不詳
廃城年 不詳 形態 不詳
   
備考  用水路の工事中に、貞和・永和など室町時代の元号が入った板碑が20〜30枚発掘されたという。近くには浅間古墳があり、樋遣川古墳群との関連があるのだろうか?
 地形的には館跡のあったような形状を残していない。

城名 矢嶋氏屋敷 読み やじましやしき
所在地 埼玉県加須市下谷
字上手
所在地地図
別名   コード 11_07_002_01500
築城年 戦国末期 主な城主 矢嶋主税亮
廃城年 不詳 形態 屋敷
   
備考  下谷村の開発領主である矢嶋主税亮の住んだと思われる所で、矢嶋主税亮は戦国末期に甲斐武田氏に仕えていたが、武田氏が滅亡すると甲斐国を離れ荒野であった下谷へ移り住み、生涯をこの地で終えたのだという。

 下谷地区の西の集落内に水害除けとも思える浅い水路が囲う地があり。矢島主税亮の墓所は字上手の一角にあり、今も子孫の方によって守られている。

埼玉県市町村別へ 都道府県別へ トップページへ


<<主要参考文献>>
加須市史 通史編 加須市教育委員会 (1981)
加須市史 資料編T 加須市教育委員会 (1984)
加須ふるさと散歩 加須郷土史研究会 (2006)
埼玉の中世城館跡 埼玉県教育委員会 (1989)
埼玉の館城跡 埼玉県教育委員会 (1969)
日本城郭大系5 新人物往来社 (1980)
日本城郭大集4 人物往来社 (1967)
羽生城
−上杉謙信の属城−
冨田勝治著 (1993)
利根川の歴史
-源流から河口まで-
金井忠夫著 (1997)