×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

つぶらたじょう
円良田城
所在地 埼玉県児玉郡美里町・秩父郡長瀞町
円良田城の所在地。
緑の部分は城のおおまかな範囲を示す。
また赤いラインは探訪の際に利用したルートを示す。
東山麓から見る円良田城の遠景。長瀞町からだと「虎ヶ岡城」と呼ばれる。
尾根筋は緩やかだが南側は急落している。
今回は短時間で行ける南側からのコースで進む事にする。
上りのみの短距離コースだが、その分城付近の傾斜はキツイ。
南東側の集落を抜けると写真のハイキング道入口があるので、ここに車を停めて柵の向こう側の里道を歩く。
道なりに進むと鞍部に出るので、進路を北に向けて歩き始める。
すると結構キツイ傾斜が待っているが、ハイキング道として整備されている為藪こぎせずに城へは辿り着ける。
主郭に到着、すると否応なしに写真の休憩所が目に付く。
主郭には「虎が岡城址」と書かれた案内標識があるのみで、解説板は見当たらない。
主郭より東隣の曲輪を見下ろす。
こちらは比較的緩やかに円良田集落へ伸びる尾根で、時間があってのんびり歩きたい方向けになっている。
それだけに堀切の切り方も結構鋭い。しっかり堀切を掘って、更に竪堀と切岸を加え、しっかり守りを固める。
そんな堀切だが、一応ハイキングコースなので階段は作られている。それにしても階段でもなければ登り降りが容易でない堀切で、この迫力は現地で味わってもらいたい所。
こちらは更に先にあるもう一つの堀切。
こちらもしっかりと切っており、その先は自然地形となっている為、同じぐらい切っている。
西側の堀切も規模では劣るが、現在もしっかりと残されている。
写真でわかりやすいように雪の残っている時の画像。
そして西側二個目の堀切。こちらはしっかり岩を削って堀切を作っている辺りに素晴らしさを感じてしまう。
主郭から南に連なる曲輪。何故か写真に撮らなかったが、眼下に荒川・国道140号・秩父鉄道を見下ろす事ができ、荒川対岸にある金尾要害山と連携して秩父路を監視できたのが現地で見るとよく分かる。
円良田城のお絵描き。
緩やかな尾根二つに対して深い堀切を作っており、合間には曲輪を設けている。
特に北東に伸びる尾根筋の堀切二つはどちらも深く切岸を作っており、見ごたえありすぎて写真に収めるのが難しい。

全国城館リストへ トップページへ


(C) 2007 Giichi(儀一).