×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

いのまたじょう
猪俣城
所在地 埼玉県児玉郡美里町
猪俣城の所在地。
緑の部分は城のおおまかな範囲を示す。
また赤いラインは探訪の際に利用したルートを示す。
西側にある円良田城(虎ヶ岡城)付近から見た猪俣城遠景。
秩父山塊の末端部に位置している為、猪俣城から東は櫛引台地を含む関東平野が開けている。
主郭部分から見て南西の尾根を区切る堀切。
かなり深い堀で、切岸は今も登るのが難しい。
上記の堀切から南側には腰郭と見られる部分があり、写真向かって左側が猪俣城主郭方面。そして写真奥に進むと鐘撞堂山へ至る。
南東側の尾根筋に作られた平場。ここも主郭の周囲に切岸を設けている為、写真右奥から主郭へ登るようになる。
主郭部分を二分する堀切とそれに伴う土橋。南北に細長い為丁度中間で堀切を作って分離させている。
その堀切は更に竪堀を作ってキッチリと分離させている。
主郭北側の様子、北から東にかけてはこれより高い部分は近くに無く、視界が開けている。
ここには大きな窪地があるのだが、サイズが大きすぎる為これが狼煙を上げる為の穴なのか?土塁が囲っているだけなのかは判断が難しい所。
城の北西に伸びる尾根は部分部分でしっかりと堀切が設けられている。それはかって猪俣氏の詰城だった時代の大手口であった名残を残しているかのようにも見える。
現在は途中の山腹にゴルフ場が建設されてしまった為、猪俣氏の居館への行き来はできない。
猪俣城で最北端に見られる堀切。
この堀切を境に削平地が不明瞭になって、やがて自然地形になっていた。
猪俣城での見所の一つと思っている二重堀切。
絶好の撮影ポイントが無かった為表現しきれていないが、手前の堀切の直後に次の堀切が作られているのがなんとなく分かるだろうか?
おまけとして自分が初めて猪俣城へ訪れた時の画像を一つ。
この当初は主郭の藪(特にイバラ)が多く、回るのも容易ではなかったが、近年はこういった藪も少なくなったので、歩きやすくなっている。
ので小型の山城をお好みの方だったら、猪俣城はオススメしたい城の一つである。
 猪俣城のお絵描き。鐘撞堂山の北に伸びる尾根のピークを中心にいくつかの曲輪を構成し、一部には堀切と竪堀を備えた遺構になっている。
 これを見ても築城当時は猪俣氏の詰城として築かれ、後戦国末期に鉢形城を守る支城として改修を加えられたと感じる事ができる。
 現地調査ではよく平面図(下書き状態)で記録を残すが、ここまで作るのは面倒なので稀になってしまった。
 ゆえにこういう形で画像化している画像も珍しいので、特別アップ。最近は都市計画図を回収するのが資金もかかる事もあってやらなくなってしまった。
ケバの描き方とかを上手にマスターできればおおよその山城の地形は表現できるのが平面図の強みで、鳥瞰図風に書くとどこかしら見えなくなるという事が無いのも記録を残す上では平面図の書き方は今後も勉強したい内容ではある。

全国城館リストへ トップページへ


(C) 2007 Giichi(儀一).