×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

児玉町(こだままち)
 埼玉県北西部に位置していた町。土地は開け古くから人々が生活を営んでいた様子で、武蔵七党の一つ「児玉党」が当地の西にある「阿久原の牧(現神川町阿久原)に馬の養育場をしながら、周辺に勢力を拡大していった。
 また鎌倉期以降も「鎌倉街道上道(当時は大道と呼ぶ)」が町内を通り、室町期には上杉氏により雉ヶ岡に城が築かれるなど、中世全般を通して重要視された土地であった。
 しかし、江戸時代になると中仙道が通る現在の本庄市の方が発展し、街道筋から外れた児玉町は最近になり本庄市と合併し、本庄市の一部になっている。
当ページ収録城館跡一覧 早見表
秋山氏館 河内館 雉ヶ岡城 毛無し館
児玉時国館 篠城 城の内 真鏡寺館
関根氏屋敷 武井館 中沢氏館 蛭川氏館
福島氏館 古井戸遺跡 別所城 真下氏館

地図は合併以前の児玉町です。本庄市の城館はこちらをご覧下さい。
←各項目にあるこちらのアイコンはゼンリン社の現地地図にリンクしております。参考のまでにご覧下さい。(ただ今工事中です)



城名 秋山氏館 読み あきやましやかた
所在地 埼玉県本庄市児玉秋山
字中通り
別名 新蔵人館
秋山城
コード 11_05_002_00100
築城年 不詳 主な城主 秋山新蔵人光政
廃城年 不詳 形態
   
歴史
 甲斐源氏出身とされる秋山新蔵人光政の館跡と伝わる。
 光政は南北朝期の人物で京の賀茂河原において丹党安保肥前守忠実と一騎打ちをした事で知られている。また、長瀞町の仲山城城主阿仁和兵衛直家と争った秋山新九郎続照は、ここの秋山氏の一族ではないかと言われている。
遺構  現在、集落内に御嶽神社があり、ここが館跡の北西部であると書かれた案内板がある。

城名 河内館 読み こうちやかた
所在地 埼玉県本庄市児玉河内
字新屋敷
別名   コード 11_05_002_00200
築城年 不詳 主な城主 不詳
廃城年 不詳 形態
   
歴史
 小山川(身馴川)上流部の集落に旧家があるが、これがその館跡に該当するかは不明。小字名に「新屋敷」の名を伝えるだけである。
遺構  また遺構についても詳しく分かっていない。在地土豪の館だと思われるが、児玉地方と秩父地方を結ぶ主要街道であっただけに、秩父地方にその手を伸ばしていた児玉党の一族のいずれかが住していた可能性もある。

城名 雉ヶ岡城 読み じきがおかじょう
所在地 埼玉県本庄市児玉
八幡山
別名 八幡山城 コード 11_05_002_00300
築城年 寛正元年
(1460)
主な城主 夏目舎人亮実基
松平家清
廃城年 慶長六年
(1601)
形態 丘城
   
歴史
 当初、山内上杉氏の居城となるはずであったが、上州平井城に本拠を移し、代わりに家臣の有田豊後守に守らせたという。
遺構

城名 毛無し館 読み けなしやかた
 
所在地 埼玉県本庄市児玉吉田林  
別名   コード 11_05_002_00400
築城年 不詳 主な城主 吉田氏?
廃城年 不詳 形態
   
歴史
 近世においては吉田林地区は小菅氏の所領といわれているが、それ以前に吉田林を領していたという児玉党吉田氏がいる。
遺構  吉田林付近に館跡があったというが、そのあたりはよく分かっていない。

城名 児玉時国館 読み こだまときくにやかた
 
所在地 埼玉県本庄市児玉
別名   コード 11_05_002_00500
築城年 鎌倉期 主な城主 児玉時国
廃城年 不詳 形態
   
歴史
遺構  玉蔵寺と八幡神社がその館跡範囲と思われ、八幡神社境内にはその館跡と思われる土塁が今も残っている。

城名 篠城 読み しのじょう
所在地 埼玉県本庄市児玉塩谷
字篠
別名   コード 11_05_002_00600
築城年 不詳 主な城主 塩谷氏?
廃城年 不詳 形態
   
歴史
 名前は「城」が訛って「篠」になったといわれる。
遺構  現地は名の通り篠藪に覆われており、保存状態などを把握する事が困難であった。それ以外の部分は耕地になっており、こちらを見ても遺構らしき部分を発見できなかった。

城名 城の内 読み じょうのうち
所在地 埼玉県本庄市児玉下入浅見
字城の内
別名 阿佐美氏館 コード 11_05_002_00700
築城年 不詳 主な城主 阿佐美氏?
廃城年 不詳 形態 丘城
   
歴史
 丘陵上の古墳を利用したと思われる。特に防衛意識をした遺構がさして残されていない所をみると鎌倉期において物見の櫓でもあったのだろうか?この周辺は児玉党阿佐美氏が領していた事から、阿佐美氏にゆかりがあると思われる。
遺構  現在金鑽神社のある丘辺りが館跡があった場所ではないかと考えられる。

城名 真鏡寺館 読み しんきょうじやかた
所在地 埼玉県本庄市児玉塩谷
字真鏡寺
別名   コード 11_05_002_00800
築城年 平安末期 主な城主 塩谷平五大夫家遠
廃城年 江戸初期? 形態
   
歴史
 真鏡寺境内に堀跡があったとされる。
遺構  境内からは平安末期ごろの遺物が発見され、堀は江戸期からは掘り起して使われていない事から中世期全般において使われていた可能性がある。

城名 関根氏屋敷 読み せきねしやしき
 
所在地 埼玉県本庄市児玉下浅見
字新堀
別名   コード 11_05_002_00900
築城年 鎌倉期? 主な城主 関根氏
阿佐美実高?
廃城年 不詳 形態 屋敷
   
歴史
 児玉党阿佐美氏の家老職であった関根氏の居館とされる。現地には関根氏の子孫が住んでおり、家系も六百年続いているとの事である。しかし、明治期に書かれた「下浅見地誌」にはこの場所に阿佐美実高が居住していたとしている。
遺構  かっては2重堀があったといわれるが、現在では宅地化され、その名残と思われる土塁を残すのみである。

城名 武井館 読み たけいやかた
 
所在地 埼玉県本庄市児玉下浅見
字在家
別名   コード 11_05_002_01000
築城年 不詳 主な城主 不詳
廃城年 不詳 形態
   
歴史
 居住者など不明の館跡で、歴史背景は分かっていない。名称の由来は武井橋の近くにある事から名付けられたという。
遺構  現地は水田地になっており、館跡の所在は疑わしい。「埼玉の館城跡」によれば堀が残っているというが現在の状態はまだ確認していない。
 東の八幡神社が小高い丘陵になっており、「八幡廓」の地名もあることから、こちらに館跡があった可能性もある。

城名 中沢氏館 読み なかざわしやかた
所在地 埼玉県本庄市児玉秋山
甲乙中沢
別名 秋山堀の内 コード 11_05_002_01100
築城年 不詳 主な城主 中沢四郎
中沢広木常(广に休)
廃城年 不詳 形態
   
歴史
 中沢氏は秩父氏の一族であったといい、共に丹波国に領地を拝領した久下氏の系図である『久下氏系図』にもその名は見られるという。
 承久三年(1221)に勃発した承久の乱において幕府方が勝利し、中沢氏は本領安堵の上で丹波国大山庄(現在の兵庫県篠山市大山下)を賜ったという。のちの室町期には甲斐源氏秋山氏が当地を得ていることから、その頃には一族総出で丹波国に移住したのかも知れない。
 その後の中沢氏は地頭職として戦国末期まで存続するものの、天正六年(1578)の織田氏丹波侵略において、明智光秀に居城である大山城を攻め落とされ、中沢氏は滅亡したという。
遺構  所在地を発見すべく探して回ったが見つからなかった。地元の方々にも聞き込みをした事があるが、既にその存在を忘れ去られている様子である。

城名 蛭川氏館 読み ひるかわしやかた
所在地 埼玉県本庄市児玉蛭川
字東廓
別名   コード 11_05_002_01200
築城年 平安末期 主な城主 庄四郎高家
廃城年 不詳 形態
   
歴史
 児玉党蛭川氏の館跡推定地で、西の駒形神社には高家が持ち帰った平重衝の首塚跡がある。
遺構  蛭川交差点北側に館跡があったと思われ、女堀川にかかる橋の一つに児玉党にゆかりの深い金鑽神社から名付けたと思われる「金鑽橋」がかかる。

城名 福島氏館 読み ふくしましやかた
 
所在地 埼玉県本庄市児玉下浅見
字前屋敷
別名   コード 11_05_002_01300
築城年 戦国末期 主な城主 福島氏
廃城年 不詳 形態
   
歴史
 戦国期頃に当地に福島氏が住したという。
遺構  

城名 古井戸遺跡 読み ふるいどいせき
 
所在地 埼玉県本庄市児玉下真下
別名   コード 11_05_002_01400
築城年 平安末期 主な城主 真下氏
廃城年 不詳 形態
   
歴史
 真下氏の館跡の一つと言われたが、昭和十八年の児玉飛行場建設により遺構表面は破壊された。
遺構  後世の発掘調査によって堀が見つかり、館跡の所在が確認されたという。

城名 別所城 読み べつしょじょう
 
所在地 埼玉県本庄市児玉金谷
字別所
別名   コード 11_05_002_01500
築城年 不詳 主な城主 不詳
廃城年 不詳 形態
   
歴史
 中世期頃の城館があったとされるが、詳しい事はわかっていない。
遺構  

城名 真下氏館 読み ましもしやかた
所在地 埼玉県本庄市児玉下真下
字石橋
別名   コード 11_05_002_01600
築城年 平安末期 主な城主 真下五郎大夫基家
廃城年 不詳 形態
   
歴史
 児玉党から出た真下五郎大夫基家の館跡。近くにある龍泉寺が基家の隠寮地と伝わる。
遺構  昭和十八年に児玉飛行場設置に伴い龍泉寺が移転し、遺構の保存状態は極めて悪い。また近くの集落も江戸期には名主屋敷などの旧家であったような名残を残す。


埼玉県市町村別へ 都道府県別へ トップページへ