×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

しもはらじょう
下原城
所在地 埼玉県秩父市
下原城の所在地。
緑の部分は城のおおまかな範囲を示す。
また青いラインは探訪の際に利用したルートを示す。
下原城の遠景。
写真中央の茂みになっている所が城で、金仙寺の近くにある事から「金仙寺城」の別名もある。(城に金仙寺がある訳ではない)
荒川との合流地点の地形を利用した崖城で、秩父地方には多い形態である。
城へのアクセスは金仙寺と畑があるので、ちょっと複雑である。
金仙寺の山門まで来たら、寺の塀に沿って右に曲がり、途中から畑沿いに大きく迂回して城に向かう。
畑が突っ切れればいいのだが、残念ながらフェンスなどがあって通過できない。
猛烈な竹藪を越えて、ようやく土塁に到着。
実は堀もあるのだが、伐採した竹を堀に埋めている。写真の下側に置かれている竹の部分は堀である。
この城の最大の見所である虎口。土塁が切れ、土橋になって城内へと繋いでいるのだが、ここも竹で埋められてしまっている為、残念な光景になってしまっている。
藪も全て伐採したら、きっとビックリする程美しい光景がここで見れる事だろう。
城の内部より土塁を見る。ちょっと藪になっているものの、城がそのまま熟成された状態になっている。
虎口の向かって左側は土塁が張り出しており、単なる方形館とは違った遺構が楽しめる。
写真は張り出し部分から虎口方面を望んだ所。
主郭部分より北側を望む。
実はこちら側は崩落が進んでおり、一部遺構が喪失している。
それでもここまで残っているのだから有難いものである。
下原城のお絵描き。
本文中には無いが、主郭の西側にはマンホールが設置されている部分があり、そこは地形を弄られた可能性が大である。
それと崩落部分を除けば遺構の保存状態は良好である。

全国城館リストへ トップページへ


(C) 2007 Giichi(儀一).