×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

こしごえじょう
腰越城
所在地 埼玉県比企郡小川町
腰越城の所在地。
緑の部分は城のおおまかな範囲を示す。
赤いラインは探訪の際に利用すると便利なルートを示す。
腰越城の遠景。
写真中央のてっぺんの木が薄い山が腰越城である。
腰越城は単なる物見砦とは思えない程の巧妙な遺構を持っており、じっくりと遺構の構造を見ていくとその作りに大変驚かされる城である。
写真の看板に書いてあるパトリアという設備に車を停められれば問題無いが、もし封鎖されてしまっていた場合は先に幅の広い歩道(旧道の名残)があるので、そこに車をおいて探訪している
上記の看板から進むとなかなか凝った木戸(城戸)があり、その傍らにはここが榎戸と呼ばれた大手口であったと書いてある標柱が設置されている。
道は踏み跡が割と残されているので余程変な所に足を踏み入れない限り迷うことは無い。
小川町お手製の案内板がこの城も解説してくれる。
割と登りがキツく、休み休み登る内に腰越城で一番北側にある堀切に辿り着く。
間隔はちょっと空いているが立て続けに堀切が作られている。
本曲輪の方向に歩いて行きちょっと振り返ると二つの堀切が並列して築かれているのが分かる。
竪堀を強引に階段設置した場所。右上方向に伸びる階段は、まず強引に登れない程急な竪堀になっている。
ので従来の城道は写真奥で左に向かうルートであると思う。
二の曲輪の様子。
かなり飛ばして本曲輪の様子。ここは周囲の木が伐採されて大変見晴らしが良くなっている。
解説板や腰越城から見える景色の解説板があったりと案内設備が充実している。
本丸跡と書かれた石碑もあり、その背後は若干の土盛りがある。
晴れてると写真のように西方より東秩父村方面が一望できる。
写真中央付近のちょっと低い山は安戸(やすど)城である。
南西方向に目を向けると内出地区が眼下に見える。
地名からして中世城館跡となんかしらの関わりがあると思われるが、現在の所それらしい場所は発見できていない。
腰越城とこれだけの近距離なのでこちらも腰越城の根古屋(平時の生活場所)であっと考えるのが自然か。
ちなみに一番奥の高い山は笠山といい、場所によっては乳房のように見えるので乳房山とも呼ばれているらしい。
こちらは本曲輪より南南西に伸びる尾根上の曲輪。比較的長い曲輪で、削平地であるのが認められる。
それより先は採石によって山が切り崩されてしまっていて遺構があったかすら定かではない。
上記の曲輪をしっかり区分する堀切。上の曲輪から見下ろすとその形状は良くわかる。
写真中央の階段を上がると少し土塁になっている。
上記の堀切を別角度より。堀切は竪堀をしっかりつけてある。
この城は囮虎口という巧妙な遺構を持ち、登っても行き止まりになっているばかりか、頭上から守り手の攻撃をまともに受けるという攻め手になりたくない気分になる。
その囮虎口の入口には写真の石積みがあった。
そしてこれが囮虎口。登っても行き止まりになっている。正確なルートは先の堀切を一回降りてぐるっと西側を回った方に真の虎口がある。
城の南東方面には空堀があり、この周辺の竪堀から登ったら大概この空堀に来て、頭上の曲輪から攻撃にさらされるようになる。
本曲輪に直行するのも良いが、本来の道を辿って行くとこの城はかなり大回りしないと囮虎口の餌食になるのが分かってくる。
それゆえに攻め手になったつもりでこの城を訪ねたら、きっとそのからくりに引っかかるのではと思う。
腰越城のお絵描き。
囮虎口を数ヶ所作っており、それを伝ってきた攻め手を頭上から集中攻撃できるようにしている点がこの城の注目すべき部分である。
規模としてはそれほど大きく無いが、この巧妙な縄張りを見る価値が十分にあると自分は思っている。

全国城館リストへ トップページへ


(C) 2007 Giichi(儀一).