×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

あおやまじょう
青山城
所在地 埼玉県比企郡小川町
青山城の所在地。
緑の部分は城のおおまかな範囲を示す。
また赤いラインは探訪の際に利用したルートを示す。
中城から見た青山城遠景。
仙元山の一つ南隣の山が青山城で、割谷集落にも面している事から希に割谷城とも呼ばれる。
青山城へはいつも割谷方面(東側)から行くことが多かったのだが、今回は西側の青山側から行ってみる事にした。
八高線の踏切を渡り、突き当たったら左に曲がって車を停めたが、駐車場所という点では割谷側の方が行き止まりだったので気楽だったというのが素直な感想。
さて、そこから青山城への道しるべを見つけ登って行く事になる。
稜線まで上り詰めると道しるべが再び登場。山頂(仙元山方面)と林道割谷線と書かれ、上にはまだ新しい青山城への道しるべが付けられていたので、そのまま指示に従って歩いていく。
城内をマウンテンバイクで走行する者がいるようだ。確かにそういう人間がおり、玉川村の小倉城を訪ねた時、たまたまそういう行為をしている人間が走り去るのを目撃した事がある。
自然地形の山なら文句は言わないが、城跡で乱暴にマウンテンバイクを走らすのは本当に止めてもらいたい。
しばらく進むと最初の堀切に遭遇。うーん、この堀具合がたまらない。
なお、小川町は比較的中世城館跡に前向きな姿勢を見せており、町内の城には写真のような案内板を設置してくれている。
同様の物が高見城腰越城でも見られる。
いきなり本曲輪に行ってしまう。結構広く、物見の砦などであれば十分なスペースがそこにはある。
本曲輪には解説板が設置されており、そこには実測図で描かれた美しい青山城の図があるので見ておきたい。
なお、この解説板は倒木の直撃を受けてしまい、上の方が破損してしまったのである。その時の疵痕がこの当時も生々しく残っていた。
実はこの日はお絵描きを中心に行ってしまい、写真を撮るのをすっかり忘れてしまっていたのであった。
ので写真はこれぐらいで終わりだが、残りの見所は他の城郭サイトにも掲載されているので、そちらを参考にしてみると良いと思われる。
青山城のお絵描き。本曲輪付近の広々した削平地を中心に尾根筋には曲輪と堀切を上手に組み合わせて配置している。
特に南西側に伸びる小倉城側への尾根筋は遺構の構造が実に面白い。
是非とも直線的なハイキングコースを通るのではなく、中世期に作られた道や虎口を見つけながら本曲輪に向かって行くと、遺構の素晴らしさを再認識する事ができると思う。

全国城館リストへ トップページへ


(C) 2007 Giichi(儀一).