×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

みじょうやまとりで
味城山砦
所在地 群馬県利根郡みなかみ町
味城山砦の所在地。
緑の部分は大まかな範囲。赤いラインは探訪の際に利用すると便利なルートを示す。
東側から味城山を望む。山頂付近が砦跡。手前側には上越新幹線の上毛高原駅と東京電力の玉原(たんばら)線が通過している。
城の東に嶽林寺という寺があるので、許可を得て車を停める。
寺の前には写真の解説がいくつかあるので、目を通しておくと良いかも知れない。
嶽林寺の南側の道を味城山へ向かって行くと、途中であずま屋を見つける。
そのまま山に近づいたら、沢沿いに進んでみた。
ここから道が荒れていて、途中から道が消えているので、見失ったらひたすら尾根上に向かって直登すると良いかも知れない。
尾根上に来ると送電鉄塔玉原線の管理用通路があるので、それに従って上がっていく。
道も消え、岩肌がゴツゴツした尾根になるが、山登りに慣れていればそれほど困難な道ではない。
のんびり登っておおよそ一時間で山頂に到着。一部不明瞭な部分もあるが、削平地形である。
お手製の看板が根元からポッキリと折れてしまっていた。
曲輪の間にはうっすらと堀跡も残されている。
山頂より西側の尾根筋には水の手と思われるような場所がある。しかし城兵全員に供給する分だけの水量が無かったのかも知れない。
高所故に水の確保は実に難しいというのを感じさせてくれる。
南東側から伸びる尾根筋。ほとんどが自然地形のままで、堀切や切岸などが見られなかった。
味城山砦のお絵描き。
絵はわかりやすいように明確に描いているが、現地は結構曖昧な地形が多い。これも築城中に放棄された為と考えられ、西と南東側の尾根には目立った防衛設備は築かれていない。
南側斜面も幾分緩やかになっていた。

全国城館リストへ トップページへ


(C) 2007 Giichi(儀一).