×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

はこざきじょう
箱崎城
所在地 群馬県利根郡みなかみ町
箱崎城の所在地。
緑の部分は大まかな範囲。赤いラインは探訪の際に利用すると便利なルートを示す。
箱崎城を東側から望んだ所。
比高差おおよそ30m程で、元新治村役場の真裏にある。
崖端城なので陸続きからアクセスする事に。
台地まで車で来て、舗装された車道に車を停めておいた方が良いようだ。
北側に写真の農道があるので、それを使って右奥にある城跡へ向かう。
途中でニホンザル捕獲用の檻が設置されているので、間違って作動させないように・・・。
城跡に近づくと耕地が終わり竹林になる。
尾根に向かって左側に歩いている跡があるので、そこから内部に侵入する。
内部はご覧の通りの竹林だが、今のところは歩きやすい。
竹林の中に突然巨大堀切が現れる。
堀切の端には櫓台らしき土盛りがある。なにげに中世の櫓台は近代でも櫓台として活用されたらしく、使われなくなった火の見櫓が倒壊している。
曲輪内部は藪なので、土塁伝いに西回りで本曲輪を目指す事にした。
城内は浅いながらも土塁が囲っており、そこそこの保存状態にビックリ。
大概この手の浅い土塁は耕地にする為に撤去される事が多いので、今後も大切にしてほしいものだ。
城の中程に来ると林道によって一部の土塁が破壊されている。
更に奥へ進もうと思ったが、竹と蔦の連携藪プレイにより敢え無く撃退された。
後日、『城跡ほっつき歩き』の和平様、『古城址探訪』のうじょう様と共に箱崎城を攻める事にした。
お二人共多くの城跡を渡り歩いた強者なので、あの藪を突破される事だろう。
和平様の勘により、今回は東回りで行った所これが当たりで、腰曲輪などが見る事ができた。
電波塔を越えた辺りで土塁の方位が変わり、緩やかな尾根が現れた。どうやら元村役場から登り始めるとここに出るらしい。
一見すると普通の斜面になっており、坂虎口という事で全員一致した。
土塁は続くよどんどんと、途中の土塁に張り出しがあったりするのも沼田さん系の城に多い気がする。
っと急に土塁が切れて、厚みの土塁、あえて言うなら細い曲輪が土塁の役割をして囲っている。
山崎一先生の図を見て段々になって尾根先に落ちていると思っていただけに、曲輪を囲む高い曲輪があるのにはちょっと意外であった。
尾根先の曲輪、このあたりの城では「ささ曲輪」と名付けられるような場所である。
ここも思っていたより広い。
その一角には石祠が三基設置されていた。
かくして「(仮称)ささ曲輪」の先は法面(のりめん)となって急落しており、下には車道が走っていた。
流石にここから這い上がるのは不可能だろう。
土塁と曲輪に囲まれた曲輪はかなり厳重に守られており、土塁には川原の石も混じっている。
我々は築城当時の人々が川原からモッコで一生懸命石を城跡へ持ってきた姿を思い浮かべていた。
お二人のお陰で充実した探訪ができた、本当に有難いものである。
箱崎城のお絵かき。
お絵かきをして初めて把握できたが、城跡が箕輪集落を包み込むように築かれている。
この集落は箱崎城と須川川で守られている事から、箱崎城とは深い関係にあるのは間違いないと言える。
それにしても土塁に川原の石、そして大規模な土塁。藪がどうにかなればかなり見ごたえのある城になるだろう。

全国城館リストへ トップページへ


(C) 2007 Giichi(儀一).