×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

すすきくらじょう
薄倉城
所在地 群馬県利根郡みなかみ町
薄倉城の所在地。
緑の部分は大まかな範囲。赤いラインは探訪の際に利用すると便利なルートを示す。
薄倉城の先端部分を麓から望んだ所。
地図から見るとおおよそ比高差30m強でそれほど高くは無いが急崖でこちらからでは登りづらいと思われる。
西側の笠原集落から入り、耕地を抜けて城へ向かう。
左の杉森が北側部分、右の藪が南側部分、その両者を隔てるように空堀が築かれている。
南側部分は猛烈な藪に包まれている為、この日は行かなかった。
後日ここへは『城跡ほっつき歩き』の管理人で藪こぎの達人であらせられる和平師匠と赴く事になった。
そしてこれが南側部分へ行った写真。正直言って藪しか写ってないので、写真を撮っても後で見るとどこを撮影したかもわからぬ始末。
一応地形はこのページの下の方にあるような形状をしているのは確認できた。
北側部分は北東に向かって痩せ尾根が続いており、所々広い部分が見受けられる。
いずれも削平はなされており、城の曲輪として利用されていたのが伺える。
尾根の先端に向かうに連れて低くなっているので、それを補う工夫も見受けられる。
写真の場所はあえて細く土橋状に尾根を削り、その先に土塁(のような高まり)部分を作って高所からの移動を妨げようとしている。
尾根の部分でもっとも大きな堀切。他は自然地形という可能性もあったが、これは明らかな人の手による堀切と言える。
先端部分は南側から見透かされないように土塁状に削り残しをしており、その土塁上でも切岸や櫓台とも思える地形がいくつか見られた。
先ほどの土塁状の削り残し部分から北側を見下ろした所。
緩く北に向かって傾斜になっており、これまでの尾根筋に比べてかなりの広さがある。
そして何より街道筋をここでは監視する事が可能なのである。
薄倉城のお絵かき。
谷に挟まれた痩せ尾根を利用していくつかの堀切や切岸、土橋などを作って守りを固めている。
俗に言われる「一城別郭」の構えをとっており、先端か根元を攻め取られても、もう片方が生き残れる様な作りをしている。

全国城館リストへ トップページへ


(C) 2007 Giichi(儀一).