×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ひらいかなやまじょう
平井金山城
所在地 群馬県藤岡市
探訪日 2013年11月13日
平井金山城の所在地。
緑色の部分が城の大まかな範囲で、赤いラインが城へ向かう際に利用すると良いルートを示す。
平井金山城の遠景。関東管領山内上杉氏の居城平井城の詰城というポジションにありながら、山崎一氏の図面が無いという謎の城。
平井城の詰城だけあって、結構近くにある。
道路標識にもちゃんと関東管領の金山城という明記が。
駐車場も完備され、写真の看板もあるので車で来る人にも優しい山城になっている。
しかも山登りになるので、杖も備え付けてあるのである。
だが、ここからの登りはちょっとキツイ。体力の無い自分はまたもヒィヒィ言わされながら登った。
登りきったら案内図が。
金山城全体が公園になっているが、藪を刈り取るだけにしているので、城郭探訪者にも優しい公園化になっている。
城兵が飲料水の場所を示したという「清水刻字岩」。でも毎日いる城兵がそんな岩に印をつけないと水場を忘れちゃうのかというツッコミが・・・。
主郭付近に来ると掲示物が多くなる。中でもこの石碑が真新しく、前回訪れた時には無かったような気がする。
なんと周辺の城の案内まである。この日訪れた天屋城から、埼玉に入って金鑽御嶽城雉ヶ岡城鉢形城まで案内されている。
主郭の西には避難小屋(避雷針付き)がある。これで急な雷雨でも安心?
主郭付近なら堀切などの城郭に関する設備を表記してくれているので、ビジナー城郭探訪者の方にも優しい。
主郭南には大石垣と称する岩場が付いている。これを石垣とするのにはやや疑問があるが、要害の雰囲気が出ればそれで良しか。
北西端部には井戸跡と称する水場跡がある。確かに岩を削ったあたりは空堀になっており、そこに水が溜めていたような雰囲気はある。
イメージが付きにくい方にもイラスト付きの案内板があり、こちらも優しい作りになっている。
ただ、櫓門跡と称する場所は藪が多く、ビジナーさんにはキツイ(もしくは気づかれない)可能性がある。
平井金山城のお絵かき。城は北からの尾根筋には厳重な守りを施しているが、南の尾根筋には多少の遺構しかない。これは斜面が急で寄せ手がこちらから来ることが少ないからなのであろう。

全国城館リストへ トップページへ


(C) 2007 Giichi(儀一).