×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

だいみょうじんのとりで
大明神の砦
所在地 群馬県群馬郡倉渕村
探訪日 2013年01月07日
大明神の砦の所在地。
緑の部分は大体の範囲で、赤線は探訪の際に利用したおおまかなルートを示す。
大明神の砦を麓より見た所。
権田城とは烏川を挟んだ対岸にあり、街道を監視する役割を担っていた。
浅間神社の脇に参拝用として道が広く取られており、ここに一時的に車を停めて訪れる事ができる。
道沿いには大明神の砦に関する看板が存在している。
かなり古い看板のようで、個人的に趣があって好きである。
浅間神社の本殿を回りこむと砦への登山道がある。
砦の先端部分は岩壁になっており、この岩肌を見ただけでかなりの要害であったと思わされる。
登山道をそのまま進んでいくと、ようやく砦の堀切が見えてくる。
本曲輪の現状。冬場に訪れたので眺望が効くが、木が生い茂る季節だとこの視界は見られなかっただろう。
半ば朽ち果てつつある標柱がなんとも痛々しい。
ほかにも解説板が二枚設置されていたりと砦跡の情報は充実している方である。
ラクガキコーナー。
この砦の最大の特徴は尾根を断ち切る四条の堀切であろう。
また本曲輪を囲むように腰曲輪がいくつか削平されており、自然の作り出した岩壁もまた砦を守る障壁として存在している。

全国城館リストへ トップページへ


(C) 2007 Giichi(儀一).