×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

はねおじょう
羽根尾城
所在地 群馬県吾妻郡長野原町
探訪日 2013年04月22日
羽根尾城の所在地。
緑の部分は大まかな範囲で、赤線は探訪の際に利用すると良いルートを示す。
羽根尾城へは登りの無い病院経由のルートが楽に行けるようだ。
病院を抜けると道が狭くなる上に車ではカーブできない程鋭角カーブがあるので、病院周辺に車を停めて行く事に。
ご丁寧に羽根尾城への案内板も設置されている。
途中から舗装が消え、オフロード車でないと少々通行が厳しい所へ。
写真の分かれ道に着いたら尾根沿いの道をまっすぐ進む。
すると羽根尾城の目玉である堀切が現れる。
写真の向かって右が本曲輪側で、ここの切岸はかなり鋭い。
でも階段が設置されているので、案内板にしたがって階段を登っていく。
本曲輪は今伐採作業の最中のようで、所々に伐採した木が横たわる。
実は羽根尾城に建設されたこの鉄塔にも会いたかったのである。土塁をごっそり削ってしまっているのは悲しいが、背が低いところが年代物であると予想される。
見れば昭和八年生まれの上信線54号だった。
この上信線は調べた所、渋川の金井発電所からこの羽根尾・鎌原城・地蔵峠を抜けて信州の島川原(東御市)へ至る路線らしい。
羽根尾城には石碑と解説板もある。
最後にラクガキを一つ。
日本城郭大系に掲載されている写真を見ると凄い山奥に見えるが、実際はかなりアクセスしやすい。
更に本曲輪付近は手入れもされてきている様子なので、夏場でも気軽に訪れる事ができそうだ。
ただ、遺構が比較的シンプルで、ヘタすれば砦クラスになりかねない簡素さを感じてしまうのであった。

全国城館リストへ トップページへ


(C) 2007 Giichi(儀一).