×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

こうやひらじょう
高野平城
所在地 群馬県吾妻郡中之条町
探訪日 2013年05月4日
高野平城の所在地。
緑の部分は大まかな範囲。青いラインは今回探訪の際に通った経路。
麓から見た高野平城の遠景。写真中央の山頂が高野平城で、左後ろの山は薬師岳。
高野平城の近くには林道が走っている。これを用いればここまで車でたどり着けるかも知れない。
この林道はネットの航空写真を見る限りだと岩櫃城方面から伸びてきているらしいが、未だに確認していない為行けるとは言い切れない。
今回は写真の伐採した丸太の積み上げられた場所より突撃した。
ちょっと直登するだけで昔の里道に出れるのでこれを道なりに登ってみる事にした。
何度かつづら折りになりながら登って行く内に、山の稜線が見えてきた。このまま里道沿いに歩くと城から離れてしまうのでここで直登する。
この場所を直登した時点で高野平城の西側に出た事になる。
稜線に出たら東にある高野平城へ向かって登る。
朝の内に登り始めたので、遺構から後光が射しているように見えてしまう。
土塁に囲まれたこの曲輪がもっとも守りが堅いので、おそらく主郭だろう。
ここで一休みしてお絵描き開始。
堀切写真。山崎一氏の絵図を見るとゴッツイ堀切が書かれているが、個人的にはうっすらと残っているという印象。山崎氏の書かれた数十年で堀切が埋もれたか?
同所より主郭方面を見る。
写真中央奥に主郭の土塁が見え、立体感がわかるのでこれだけで自分はそそられる。
東の曲輪には石祠があり、この曲輪の東側にはうっすらと腰曲輪があったようななだらかな地形が見られた。
個人的にこの城の最大の謎は、この「沢山」と書かれた石碑。
そのまま「たくさん」と読むのか?「さわやま」という山の名前なのかさっぱり分からない。
最高所ではないので、三角基準点ではないと思うが、現時点ではこれが何なのかは分かっていない。
高野平城のお絵かき。
岩櫃城の支城という事で広義という意味で捉えれば岩櫃城の一部とも言える。
標高が737mとの事で割と高所にあるが、林道を使う事によって高さが稼げるので普通の山城と同じぐらいの登りになる。
遺構は東西に曲輪が並んでいるだけの構造だが、土塁や堀切で区切っているのはわかるので、自分としてはこれはこれで満足。

全国城館リストへ トップページへ


(C) 2007 Giichi(儀一).