×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

さいくぼじょう
西窪城
所在地 群馬県吾妻郡嬬恋村
探訪日 2013年04月22日
西窪城の所在地。
緑の部分は大まかな範囲で、赤線は探訪の際に利用したルートを示す。

鎌原城の崖下付近より西窪城を望む。
吾妻川に万座川が合流する付近にあり、西窪水力発電所があったりする。
西窪城付近まで車でいけるのでアクセスしやすい方かも知れない。西窪集落の合間を抜け、西窪神社の前を通過した後、大きくヘアピンカーブする所までくればほぼ城に着いたも同様である。
上記の道をそのまま進むと、分かれ道に出て、右に進むと少し広い空き地に着ける。
雪が積もっていなければここで車を停めた方が便利だと思う。
そしてここからが笹薮との対決が待っている。
ちょっと風景がいいので一息入れる。東の方は写真のように開けており、羽根尾方面はしっかり望む事ができる。
笹薮を抜けてやせ尾根に取り付く。
写真には写っていないが、左側はかなり崩落が進んでおり、更に今回雪も積もっている事もあって油断できない。
先ほどの痩せ尾根を登りつめると、またも崩落が激しい土塁まがいがある。
崖から滑落しないように沿って進むとやや傾斜のある曲輪らしき地形に到着する。
それにしてもここは笹薮が多い。
土塁が周囲を囲っている事もあって、ここが本曲輪であろうか。
その先には更に絶賛崩落中の超危険尾根がある。
流石にこの先には何もないので、危険を冒してまでも先に進む勇気(無謀?)は自分にはない。
(仮)本曲輪の土塁の側には竪堀が備えられていた。
写真じゃイマイチなのが残念だが、もっとも城館跡らしさが出ている遺構であろう。
最後にラクガキを一つ。
北側と東側は崩落地形で絶壁。南側は自然地形の様になだらかな斜面になって落ちている。もしかするとかっては遺構があったのかも知れないが、現在はその痕跡を見る事ができなかった。
それにしても性格の読めない遺構である。

全国城館リストへ トップページへ


(C) 2007 Giichi(儀一).