×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

かんばらじょう
鎌原城
所在地 群馬県吾妻郡嬬恋村
探訪日 2013年04月22日
 鎌原城の所在地。
 緑の部分は大まかな範囲で、赤線は探訪の際に利用したルートを示す。

 西窪集落から鎌原城のある舌状台地を望む。
 こちらから見る城は断崖絶壁が全面に出ており、難攻不落の要害を思わせる。
 城へのアクセスは自動車でもバスでも楽に行く事ができる。
 車なら有料道路「鬼押ハイウェー」の道沿いに写真の案内が出ている。
 また、万座・鹿沢口駅から軽井沢行きバスに乗れば「鎌原観音堂前」バス停が入口のすぐ側にある。
 分かれ道にはしっかり案内板が設置されているので、迷子になりやすい自分でも安心して行く事ができた。
 夏場であれば爽やかな高原の空気とキャベツ畑が楽しめたのかも知れないが・・・今はヒンヤリとした空気のみがたちこめる。
 送電鉄塔上信線と西窪線が我が物顔で城内を駆け抜けている。
 この上信線、ここの城主鎌原氏の宿敵羽根尾氏の羽根尾城にも通っているのがなんとも因縁深いものがある。
 上の写真の森には鎌原氏の墓所があり、よく鎌原城の象徴の様に撮影されている霊城(域?)の石碑もある。
 信州真田氏と祖を同じ海野氏としているだけあって六文銭がかたどられている。
 少し進むと「鎌原城三の丸追手口」の石碑が設置されている。それを示すように堀跡らしき窪みが少しだけ見られる。
 更に進むと道がクランクしており、堀跡を見る事ができる。
 ここが鎌原城で一番よく残っている堀跡かも知れない。
 先ほどの堀跡を越えて、ようやく標柱と解説板を見る事ができる。
 解説板の内容はもちろん行った時のお楽しみ・・・としたい所だが、「鎌原城」でネット検索すると色んなサイトでこの解説板をアップしていた。
 しばらく雑木林が続き、台地の先端部分にはテレビの受信設備がある。
 受信設備の周辺は木が伐採されていた為、見晴らしがとても良い。写真の左下にはこの後行った金比羅山の砦も見える。
 更に先には堀切とも見える窪みがあり、痩せ尾根の曲輪らしき部分に行く事ができる。
 このあたりはかなり崩落が進んでいるので、来るときにはかなり慎重に。
(かくいう自分は雪で滑ってコケてしまったのであった)
 それにしても滑落しなくて良かった。
 先端部分からお絵かきを始めたら、なにやら工事関係者の皆様が大勢お越しになっていた。
 その中には東電の関係者の方が居たので何があるのか尋ねてみると、どうやら西窪線(写真の鉄塔)と上信線を立て直すらしい。
 こうして古き良き鉄塔が無くなっていくのか・・・かなり寂しい。
 そんな事でいつものラクガキを。
 今回は書き込みが多くてごちゃごちゃしているな・・・。
鉄塔関係の記録もとっているので、興味の無い方にとっては煩わしい絵かも知れない。
 このページを更新する際、色んな鎌原城関連のサイトを見たが、積雪の中調査していたのは自分だけだった(笑

全国城館リストへ トップページへ


(C) 2007 Giichi(儀一).