×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

はるなとうげじょう
榛名峠城
所在地 群馬県吾妻郡高山村
探訪日 2013年04月29日
榛名峠城の所在地。
緑の部分は大まかな範囲。
非推奨であるが、今回赤根峠からアクセスしてみた。
比高差はそれほど無いものの距離は長く、アップダウンが多いので非常に大変なルートであった。
写真の場所から尾根筋に行こうと試みたが、途中が藪で大変苦戦させられた。
ようやく丸山まで来て半分。今思えばこのルートは山歩きを楽しみたい方向けであると思う。
榛名峠城に近づくにつれ、不自然な平場がいくつか現れる。その面積は割りと広い。
後北条氏が真田氏の名胡桃城襲撃用に築いた城という事もあって、この辺りも兵が寝泊りしてたのかも知れない。
幾つかのアップダウンを繰り返し、ようやく榛名峠へたどり着く。
写真は峠より名胡桃城方面を見ている。
ラクガキに描いてある中央付近の状態。
いくらか削平されているものの、作りが非常にいびつな部分も多く、名胡桃城急襲用に急遽こしらえた城であるという印象が強くなる。
この部分より南斜面を覗き込むと・・・
後北条氏の築城である事を裏付ける証拠がここに。
山の斜面に空堀を設ける手法は、埼玉県の花園御岳城や天神山城の出郭に見られる藤田氏流の築城技術そのものと個人的に確信。
群馬県に来て、埼玉県の山城と類似する遺構が見れて個人的に感無量である。
そこから南東側は林道が入り乱れた場所になっており、城の遺構があったのは分かるが、林道敷設の際多くが破壊された模様。
丁度木が伐採されていたので、遠景を楽しみながら一休み。
写真中央右には小野上三山(左から小野子山・中ノ岳・十二ヶ岳)が望め、その奥にはうっすらと榛名山が中山峠越しに望む事ができた。
これを見て「榛名山が見える峠」という意味で「榛名峠」となったと勝手に解釈してみた。
更に写真左の欄外になってしまうが子持山も見る事ができた。
一部が林道で埋没しているが、ここにも空堀が作られていた。
この一帯が榛名峠城の本曲輪されており、面積の広さと空堀の存在がそれを裏付けているようにも思える。
毎度のラクガキ。
城の一部は林道造成によって破壊されているものの、その痕跡はかろうじて追う事ができる。
かくして車の置いてある赤根峠まで戻ったので、軽く3時間もかかってしまった。ので速やかな城館探訪を楽しみたい方は権現峠から登られる事をお勧めする。(こちらからのルートは現在未確認)

全国城館リストへ トップページへ


(C) 2007 Giichi(儀一).