×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

しったかじょう
尻高城
所在地 群馬県吾妻郡高山村
尻高城付近の地図。
緑の部分は城のおおまかな範囲で、赤線は今回探訪の際に利用したルートを示す。
尻高城を南麓からみた遠景。
写真左が丘城の部分で、右奥に見えるのが山城の部分である。
尻高城から伸びる尾根が南に緩やかに続いており、その上に民家が数件立ち並んでいる。その尾根の入口に尻高城の石碑と解説板およびルート案内図が設置されている。
写真左端の道を進み、民家に突き当たったら右へ曲がる。
しばらくすると尻高城への山道が姿を現す。
車はこの辺りにも置けなくはないが、ただ地元の方の迷惑にならないようにだけしてもらいたいものだ。
巻くように道が続き、ようやく尾根を登る道が姿を現す。
登る場所は写真の案内があるので、注意深く歩いていればまず見落とす事はない。
途中から緩やかになり、丘城部分になる。しばし進むと写真の堀切が現れ、ここが城として機能していた事を地形で表してくれている。
その先に進むとダイナミックにそそり立つ岩が印象的な部分に差し掛かる。
ここからが本格的な登り道の始まりとなる。案内図に書いてあった「急登り」とはこの辺りの事と思う。
緩やかな尾根が途中にあり、ここも城の一部として利用するのに十分な広さがありそうだ。
堀切などの防衛設備はこの辺には無く、全てが急な坂虎口で守られているという印象が強い。
この辺りが最も急な登り道になっている。
ようやく緩やかな尾根筋に到着。なんとなく微妙な削平具合で狭いのだが、この辺りも現役時代は曲輪として利用していたのかも知れない。
尻高城内はいたる所に石祠が祀られており、調べてみるとほとんどが東を向いている。これは朝日の信仰か何かか?
堀切が出てきていよいよ城の中枢部分になってきた。
尻高城の主郭部分と思われる曲輪。山頂が東西に伸びており、広さはそれほど無いのだが、今まで見てきた尾根の中においては、堀切のあった丘城部分には劣るものの、多少広い程度である。
山頂の曲輪を二分する堀切。堀切は西側の方が高いので、こちらを主郭とし、東側は二の曲輪として利用していたと思っていたりする。
東の曲輪の先端部(東端)にはまたも数基の石祠があり、いずれも東の方角に向けて設置されているようだった。
なおこの先には腰曲輪が一ヶ所見られる他は斜面が続いているようだった(未確認)
山崎一先生の図にはこの尾根先に一条の堀切が描かれているが、ルートが不鮮明で上り下りが大変なので行っていない。
尻高城の最大の見所はこの北西に伸びる尾根に築かれた遺構であろう。
前回はこちらを見落としてしまったので、今回はじっくりと拝む事に。
写真ではショボく見えるが、実際の堀切はかなりの迫力がある。こればかりは実際に訪問して直にご覧いただかないとならない。
尻高城のお絵かき、少々城域が広かったので、山城の部分しか描けなかった。
北西の尾根続きに堀切がいくつも作られており、地図をみるとその尾根の続く先には林道が走っているようなので、もしかすると比高差が無く堀切だけ拝めるかも知れない。

全国城館リストへ トップページへ


(C) 2007 Giichi(儀一).