×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

じょうみねじょう
城峯城
所在地 群馬県吾妻郡東吾妻町
探訪日 2013年05月06日
城峯城の所在地。
緑の部分は大まかな範囲。赤いラインは探訪の際利用した方が良いルートを示す。
城峯城を麓から望んだ所。中央の鉄塔の立っている所が城のある場所である。
山裾に二つ道があるが、車が通れない方の道(右側)が城へ行くベストコースだと思われる。
詳しい場所は上記地図を参考の事。
途中で墓地や写真のお堂の脇を抜けて登っていく。
すると写真のような水路が山間を抜け、東へと流れている。
別の所に「金川用水」と書かれていたので、そのままこの名称で呼ばせてもらう。
丁度この金川用水の所に電気柵が設けられているので、感電に注意である。
この水路、所々尾根をショートカットしている場所があり、もしかすると城の堀切があったのではと思ってしまうところはある。
先ほどの登ってきたルートに戻って上がっていくと、削平された地形に出会う。
更に上がってようやく鉄塔吾妻川線6号の足元に着く事ができた。
この手の鉄塔であれば斜面でも建てる事が考えられるので、ここも元々城の曲輪であった可能性は高い。
その足元にはかっての鉄塔の基礎部分がそのまま残されていた。
スッポリと新鉄塔の中に収まっており、この大きさからして現在の鉄塔の半分程度の高さだったのではと推測される。
この時風が心地よかったのでかっての基礎部分に腰を下ろし、しばしの間まどろんでいた。
鉄塔の立っている平場の上に更に平場が設けられており、背後には土塁が築かれている。
ここが城といわれる所以とも言わせたい様に美しい堀切がそこにはあった。
しかもこの堀切は更に竪堀へと続いており、結構下の方まで伸びているようだった。
本当はこの尾根の上も調べた方が良かったのだが、藪が凄いのとこの堀切を見て満足したので調査をしていない。
毎度のラクガキ。
目印は送電鉄塔吾妻川線6号で、その背後にある堀切&竪堀は結構見ごたえがある。
付近には金川用水という水路が山腹を流れているので、その水路沿いも歩ける。
水路沿いに設置されている電気柵には充分注意を。

全国城館リストへ トップページへ


(C) 2007 Giichi(儀一).