×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

がんがさわじょう
雁ヶ沢城
所在地 群馬県吾妻郡東吾妻町
探訪日 2013年05月06日
雁ヶ沢城の所在地。
緑の部分は大まかな範囲。赤いラインは探訪の際に利用すると良いルートを示す。
雁ヶ沢城という名前は何故付いてしまったのか?
雁ヶ沢はもうちょっと北を流れており、城のすぐ北側は鍛冶ヶ沢という川である。
私見になるが城主である横谷氏の名を取って「横谷城」と呼んだ方が良さそうな城である。
国道沿いに公衆トイレがあり、そこに車を停めて訪ねられるのが非常に助かる。
城からもそれほど離れていないのでお勧めの駐車場所である。
国道の脇道に入り、線路際に来る頃にはとても車が通れそうにない道に。
しかも遮断棒すらない踏切という都会では見られない珍しい物に出会える。
音もならないので、左右の安全を確認し、電車が来ない内に速やかに渡りたい。
なお、この線路は川上の八ツ場ダムが完成すると廃線になる予定。
上記の踏切を渡るとたまたま電車が来たので記念撮影。
柵も無い所を電車が通るので、ド迫力の踏切待ちが味わえる。
くれぐれも電車を緊急停止させないように注意。
踏切を渡った所で掲示板(?)があるので、その左側に道がある。夏場だと藪が生えて分かり辛いかも知れない。
明らかに人の踏み跡があり、それを登ると諏訪神社がある。
これから先つづら折の道が続く。
登りつめると削平された場所に出る。中央付近には石祠が設けられている。
更に奥にはまた別の曲輪があり、小さな神社がある。
この辺りは尾根沿いの道以外は全て急落しており、登ってこれそうにない。
尾根沿いに歩くと堀切らしき窪みを発見。二条築かれており、曲輪に近い方が深く、竪堀まで設けられている。
その先の地形も調べたが、削平が甘く、ほぼ自然地形であると思われる。

全国城館リストへ トップページへ


(C) 2007 Giichi(儀一).