×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

まなごじょう
真名子城
所在地 栃木県上都賀郡西方町
歴史 別名赤壁(あがべ)城とも言う。
永正年間(1504〜1521)頃に宇都宮元綱によって築かれ、対皆川氏の境目の城として家臣である岡本氏に守らせたという。
だがいつしか皆川氏の属城となったともいい、宇都宮氏は真名子城への備えとして東に西方城を築いた。
廃城した時期は不詳だが天正年間であったと思われる。
真名子城の所在地。
真名子城遠景。
山頂が真名子城址で、写真中央の麓にあるのが円満寺。
真名子城のある山から南に入口があり、ここから登るのがベスト。
写真左中央には真名子城の縄張り図が掲載されており、調査した日には真名子城のパンフレットもあった。
途中幾つかの堀切があり、一番斜面の緩やかな南尾根に備えている。
主郭部分まではハイキング道として整備されているので、道なりに進めば城へ行ける。
真名子城主郭部分には麓にあった縄張り図と解説があり、事前に資料を持ち合わせていなくても安心である。
主郭北西に伸びる尾根筋に設けられた堀切。
こちらは南側に設けられている堀切。
主郭より南西に伸びる尾根が大手であったようで、二重堀切や段郭などが多く設けられている。
真名子城の鳥瞰図風お絵描き。
近くに西方城とは違った作りで、中心部の古い城から外に向かって堀切などを設けたのが分かる。西麓の集落はかっての家臣屋敷があったという。
南側の尾根筋にもう一つ堀切があるが、紙面に収まらなかった。

全国城館リストへ トップページへ


(C) 2007 Giichi(儀一).