×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

りゅうかいじょう
竜階城
所在地 栃木県鹿沼市引田
歴史 歴史などがほとんど不明である。
一説には南にある金ケ沢城への対城という説もある。
竜階城の所在地。
標高408mの山が竜階城である。
城への道は現在では無くなっている。その為以前の大手と思われる南東に伸びる尾根から登ると良いようである。
場所は片山集落への入口付近の写真の場所で、尾根の麓に墓地があるのが目印である。
尾根筋を登っていくと削平の甘い段郭が徐々に姿を見せ始める。
この城の注目ポイントは西側にあるこの二重堀切であろう。
二重堀切は数あるが、ここほど綺麗に撮影できる所はそうはない。
個人的にここの為に登ってきても良いぐらいに素晴らしいものである。
斜面には幾つかの帯曲輪が設けられており、主郭部分に直接侵入できずこの辺りで頭上から攻撃を受ける事になる。
写真の場所は主郭のすぐ真下の帯曲輪。
代わってこちらは北側の尾根筋の曲輪の様子。
途中にある堀切の崩れも少なく、かなり良好な状態で残されているのも素晴らしい。
三角点のある曲輪の直ぐ北側の堀切、ここはかなりの高低差をつけており、木が生えてなければ到底登れない。
主郭と思われる部分の様子。中央付近に写真の三角基準点が設けられている。
竜階城の鳥瞰図風お絵描き。
築城者不明の城でありながら手の込んだ城で、特に東側以外は入口を完全に塞ぐように堀切を設けている。それでも侵入してくる場合は腰曲輪へ誘導させて横矢をかけられる構造になっているのも注目したい。(実際に囮曲輪で主郭部分に行けない)
築城者不明なのが不思議なぐらいの城であった。

全国城館リストへ トップページへ


(C) 2007 Giichi(儀一).