×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ひばらじょう
桧原城
所在地 福島県耶麻郡北塩原村
桧原城の所在地。
標高964mの山頂付近にあり、かっては陸地であった桧原湖底にも遺構があったという。
ところが明治21年(1888)に磐梯山が噴火して湖が形成され、遺構は水没してしまった。
桧原城の遠景。写真中央の山に桧原城がある。
麓との比高差はおおよそ130m。
別名小谷山城ともいい、現地ではこの名前で案内板が設置されている。
多少ぬかるみはあるが、ハイキング道が設置されている為歩きやすい。
ただ、熊の出没には注意する必要はある。
途中で竪堀があり、城らしさがどんどん出てくる。
途中で旧道・新道に分かれるが、最終的には主郭へ着くのでお好みで歩ける。
何度も折れる虎口があり、これが伊達流の築城技術の特徴らしい。
上から見てみても異常な程凝った作りになっており、道中飽きることがない。
城の周囲は空堀がつくられており、それも単純ではなく竪堀と虎口を随所に入れる巧妙さがある。
横堀のところどころにある竪堀。ここで横堀での横移動を防いでいるのが見所。
桧原城のお絵描き。
伊達氏の本格的山城は初めて見たが、その造りの巧妙さに驚きだらけであった。
車でないと行くのが厳しい場所ではあるが、一部を除いてハイキング道として整備されているので、見やすいのもありがたい。

全国城館リストへ トップページへ


(C) 2007 Giichi(儀一).