×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

儀一の城館旅
城館用語辞典 城館様式編
城館用語辞典 雑記帳へ トップページへ

明城 アキジロ
城主の滅亡や退去により城主及び守備兵が居なくなった城を指す。空城と同じ意味。

空城 アキジロ
城主の滅亡や退去により城主及び守備兵が居なくなった城を指す。明城と同じ意味。

足城 アシジロ
一揆勢などが挙兵した時に作る拠点で、その簡素な城を指す。

家城 イエジロ
純軍事的な目的から城主の居住空間として変化してきた城を指す。また要塞部分と居住部分が分かれている時の居住部分を指す。

囲城 イジョウ
敵軍勢に取り囲まれた城を指す。または取り囲む事を意味する。

浮城 ウキジロ
自然や人工に関わらず堀に囲まれている城全般を指す。幾つもの堀に囲まれて城が浮いているように見える事から名前が付けられた。

蝦夷館 エゾタテ
チャシの前の名称で、東北地方において蝦夷(えみし)の築造した城砦を指すが、アイヌ人が蝦夷であるとは限らないらしい。

枝城 エダジロ
支城と同じ意味合いを持っており、本城が「根城」に対して使われることもある。

大根城 オオネジョウ
恒久的でかつ政治・経済上の一国の中心となる城を指す。意味合いでは根城に対して数カ国を領する大大名居城を指す事が多い。

丘城 オカジロ
丘陵城郭の略称で、丘陵の上部のみを利用した城の事。主に戦国末期の支城クラスに多く見られ、平山城と同意義で使われる事がある。

海賊城 カイゾクジョウ
海賊(水軍)の拠点とした城を指す。水軍は陸での公権力の統制とは無関係に海を支配し、関銭(通行料)などを徴収するなどしていた。

海堡 カイホ
海上に築かれた要塞を指し、古くは瀬戸内海の海賊城とも同じ意味合いを持つ。

掻揚城 カキアゲノシロ
簡単に作られた城を指し、堀を掘って、その掘った土を掻き上げて土塁にした簡易的な城を指す。
「垣城」とも言う。

垣城 カキジロ
簡単に作られた城を指し、とりあえず造った城で柵や堀はあるものの鐘鼓の設備が無いものとしている。
「掻きあげの城」とも言う。

掛城 カケジロ
臨時的に作られた簡素な城の名称で、垣城と同意義であると思われる。通常は「砦」、「足場」、「営」と言われる事がある。

崖城 ガケジロ
崖を要害の一部に取り入れた城を指す。

牙城 ガジョウ
城の本丸、もしくは更に強敵の立て篭もる根拠地を指す。牙は「牙旗」つまりは大将の旗となるため「牙旗のある城」からこの言葉が来ている。

掛城 カケジロ
臨時的に作られた簡素な城の名称で、垣城と同意義であると思われる。通常は「砦」、「足場」、「営」と言われる事がある。

環濠集落 カンゴウシュウラク
周囲に堀を巡らした部落を指し、様々な形態・性格・歴史的背景を持っている複合遺構を指す。古代の条里制から近世になっての所と歴史的に幅広く、城館跡以外にも様々な使用用途があったと考えられる。

居館 キョカン
住んでいる館、もしくは近世城郭においては城内に設けられた本丸殿館を指す。

居城 キョジョウ・イジョウ・イジロ
領主などが日常住んでいる城を指す。

グスク グスク
沖縄地方の城郭の名称を指すが、広い意味合いを言えば神を祀る拝所の中にも「グスク」と呼ばれるものがある。

国衙 コクガ
古代律令制の時代に各地に配置された政庁を指す。場合によって土塁をめぐらしていた所もあるという。

子城 コジロ
本城を親城と呼ぶときの支城の意味を指す。本城支城の関係を親子に例えた時の呼称である。

サイ
敵の侵入を防ぐ役割を果たす要害を指す。「塞」の言葉自体は国境という意味合いを持つ。

境目の城 サカイメノシロ
国境警備をする為に築かれる城を指し、防衛拠点のひとつである。

サク
古代奥州の城にこの名称を使われる。

里城 サトジロ
麓城と類義語で、戦国期の山城を持つ領主が通常時に使っていた居館を指す。

山下 サンゲ
戦国時代に山城の麓に作られた武士の居住区や集落の事を指す。西日本の中国地方にこの名称を使う事が多い。

磯城 シキ・イソジロ
石で作られた城を指し、「イソジロ」と呼ばれる時は海岸に作られた城を指す。

支城 シジョウ
本城に対して周辺に築かれた城の事を指す。周囲に支城を築く事により本城の防御力の強化を図っている。

市城 シジョウ
城下町を指し、市井を意味する。

子城 シジョウ
外郭を大城と呼ぶのに対して中心部の小さい郭を指す。

島城 シマジロ
島全体、もしくは島同然の半島を全て要塞化させた城を指す。瀬戸内海の能島城や三浦半島の新井城がその代表的な城。

宿城 シュクジョウ・シュクジロ
平城において武士や商人たちが居住した地区を含めた外曲輪の事で、関東地方にて使われた中世用語。山城の根小屋に相当する。

将軍城 ショウグンジョウ
将軍の居住した城を指し、近世においては江戸城を指す。

城柵 ジョウサク
古代城郭の全てを含めた総称である。しかし、城は西日本において土塁などで防壁をなし、柵は東北地方において材木列で防壁をなすという違いがあり、時代の流れと共に柵は城へと変化していった。

小城 ショウジョウ
江戸時代の軍学者による城の分類の一つで、その中でもっとも小さい城を指す。中城の区画である方十七町以下の城を指す。

ジン
軍勢の駐屯所を指し、兵営を意味する。

陣営 ジンエイ
野戦や攻城時における軍隊の宿所を指す。陣とほぼ同じ意味である。

陣城 ジンジロ
戦国末期の大規模な攻城戦において、攻撃側が攻めるに適する場所に臨時的に築く城の事を指す。
陣とは異なり柵や堀を設け、城の様に築き上げるので掻揚城と同意義で使われる事もある。
通常であれば戦いが終わると共に陣城は廃される。

陣屋 ジンヤ
意味は三つある。
1、合戦時の将兵が宿営する臨時の宿舎。
2、近世に城の無い小大名及び交代寄合の屋敷。
3、幕府の郡代や代官の駐在する役所。

陣館 ジンヤカタ
陣屋の規模を拡大させ、軍兵の営所として使われた所を指す。

スク スク
沖縄の奄美諸島や八重山諸島における石垣をめぐらした遺構を指す。石垣島では「グスク」は単に石垣を意味し、沖縄本島のグスクに相当するのはこのスクであるという。

捨城 ステジロ
城主や城兵が退却してしまった城を指す。意味として明城や空城と同じ。

大城 ダイジョウ
江戸時代の軍学者による城の分類の一つで、他の城に比べて規模の大きい城に使われる。方二十二町と郭は五重以上のものが規定されている。

台城 ダイジョウ
台地上に築かれた城を指す。

対の城 タイノシロ
攻城時に攻め手の軍事拠点(本陣)として築かれる城を指す。守備側を威嚇する目的もある。

台場 ダイバ
大砲を置く台のある場所を指す。砲台とも言われ、大砲を発射するための防塁もこれに含む。
幕末には各地の海岸要所に台場を築き、外国船への牽制を行った。

タチ・タテ
館(やかた)の古いときの呼び名である。

チャシ チャシ
北海道周辺において、アイヌ人の築いた居住館や環濠集落を指す。

中城 チュウジョウ
江戸時代の軍学者による城の分類の一つで、大城と小城の中間に位置する規模の城を指す。方十七町と郭は四重と規定されている。

朝鮮式山城 チョウセンシキヤマジロ
城郭の構造が古代朝鮮の物に近似している城の総称である。

付城 ツケジロ
敵城を攻める時の攻城側の拠点として築くもので、対の城に比べて規模は小さいものを指す。

伝えの城 ツタエノシロ
二箇所の重要地点の中間地点に作られた城で、両者の連絡を保つ便宜を図るために築かれた城を指す。

繋ぎの城 ツナギノシロ
本城と支城群を結ぶための拠点となる城を指し、両者の連絡や通信を担う役割を果す城を指す。

繋ぎの根城 ツナギノネジロ
繋ぎの城が二ヶ所以上あった時、最も重要な城に対して使う名称。

詰の城 ツメノシロ
平野部にある城館に対し、有事に備えて山上に作る城の事を主に指す。通常は平野部の館に住み、戦闘があったときには堅牢な山城に籠り凌いだ。
近世では二の丸・三の丸に対する本丸という意味を指す。

攻の城 ツメノシロ・ツメノジョウ
「太平記」に記されている呼び名で、詰の城と同じ意味である。

出城 デジロ
意味は二つある。
1、支城を意味し枝城や端城と同じ領内の重要地点に築かれた城。
2、城内から張り出して作られた小城で、「出丸」とも呼ばれる。

トリデ
本城の周辺や交通の要衝などに築かれる小型の城を指す。

取手 トリデ
「砦」とほぼ同義語であるが、敵に奪取された時には味方の領土から突き出た城となるので「取手」と読んだようだ。

沼城 ヌマジロ
沼地を利用した城で、後ろ堅固を誇る城を指す。

根小屋 ネゴヤ
戦国時代に山城の麓に作られた武士の居住区や集落の事を指す。関東地方にこの名称を使う事が多い。

根城 ネジョウ
本城と同意義があり、領内の多くの城館に対し全体を統制する中心の城の事を指す。

狼煙台 ノロシダイ
急を知らせる通信施設の一つで、見通しの良い峰上に築かれ簡素な塁と番士の居住区などが配置されているのみである。

端城 ハジロ
「支城」、「枝城」と同じ意味合いがあり、地域によってはこの呼び名で呼ばれる。

番城 バンジロ
領主が直轄領とし城代や侍大将などを派遣し守らせる城を指す。

平城 ヒラジロ
平野部に造られた城を指す。政庁としての役割が強く、軍事目的よりも政治的権威の象徴を示すような城が多い。

ふけ城 フケジロ
湿地帯を利用した城を指す。「御深井丸(おふけまる)」などはふけ地に近い形状の曲輪を指す。

麓城 フモトジロ
戦国期において急を要しない(危険が迫っていない)時に通常の生活の場として使った居館を指す。里城とも言う。

本城 ホンジョウ
その領土の中心となる城を指し、大将や大名の居城を指す事が多い。これに対して支城・枝城・端城など、その大将が支配した城館郡がある。また中世では近世における「本丸」と同意義で使われた。

水城 ミズキ
山間の低地を堤で堰き止め、水を蓄えて敵軍の進行を阻止する為に作られた施設。古代の城の一つ。

水城 ミズジロ
河川、湖沼、海などを堀として利用した城郭全般を指す。自然の水利を利用していることから、海運の便と堅固性に富んだ城を作っている。

向かい城 ムカイシロ
長時間の攻城戦において攻城軍側の本陣として築かれる城を言う。豊臣秀吉が小田原攻めに築いた「石垣山城」が特に有名。

屋形 ヤカタ
南北朝時代以降に使われる事が多くなった館の名称。守護大名クラスの居館を指す事が多い。

ヤカタ
中世において豪族や貴人の屋敷や宿所を指し、特に領主や上層武士の居館を指す。
要害の地を選び、周囲を堀や土塁で囲む居住性のある城を指す事が多い。

屋形城 ヤカタジロ
中世末期において高級官職を得た守護大名の、公家風の様式を取り入れた居館の事を指す。

館城 ヤカタジロ
中世豪族が館に城郭風の防御設備を施した所を指し、館のような城という意味合いを持つ。

屋敷城 ヤシキジョウ
中世においては屋敷に防御設備を施した所を指す。また、近世になると城が居住目的である所を指す事になる。

山城 ヤマジロ
山上に造られた軍事拠点の名称。戦国期には多く作られる事になるが、水利などの居住性には向かないので、有事にのみ使われる「詰の城」として利用される事が多かった。

要害 ヨウガイ
地形が険阻で守るに適した地形の事を指す。また臨時の戦闘地区を指す。

稜堡 リョウホ
近世の欧州の大砲を活用するために造られた堡塁を指し、これを用いた築城を「稜堡式築城」と呼ぶ。


城館用語辞典 雑記帳へ トップページへ


主な参考文献

<<書籍名及び著者>> <<出版社>> <<出版年>>
●週間「名城をゆく」シリーズ
 1巻〜50巻
小学館 (2004〜2005)
●日本城郭大系 別巻U 新人物往来社 (1981)
●図解日本名城集 学研 (2001)
●戦国の堅城 学研 (2004)
●戦国の堅城 U 学研 (2006)
●戦国の城を歩く
 千田嘉博著
筑摩書房 (2003)
●城館調査ハンドブック
 千田嘉博著
新人物往来社 (1993)
●戦国の城
 小和田哲男著
学研新書 (2007)
●戦国の城
 藤木久志監修
高志書院 (2005)