×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

儀一の城館旅 儀一式中世城館入門度

あなたの中世城館好きはどのレベル?

レベル6 城館探訪を仕事にしている方
 
発掘調査の作業員も城館に関わる仕事の一つでしょう
 趣味が乗じて仕事になっている方がこのレベルです。
 趣味を仕事にするという最高のパターンを手にしている方で、趣味をしながら生活していけるというある意味理想の生活状態にある方だと思います。

 ただ、この状態になるまでには色々と条件が多く、また中世のみならず歴史全般を仕事としないといけないので、私の場合は到達がなかなか厳しいレベルではあります。(他の興味のない時代に対してはさしてモチベーションが保てないのが我が弱点でございます)
発掘説明会にて史跡を説明するのもお仕事
 中世城館に関われる仕事の種類は多くあり、発掘調査員の様に遺構の真相に直に触れる仕事もあれば、郷土資料館や埋蔵文化財センターの調査員という仕事もある。
 いずれも中世城館の調査だけを専門で行うのは難しいが、城館に関した書籍を書いて出すというのもいい方法かも知れませんね。

 私は中世城館を対象とした仕事に就いた事がありませんが、中世城館探訪を念頭に置くというのは並大抵の情熱ではないと思います。故に仕事の概念に捉われることなく、色々な可能性を見出す思考の柔軟性もまた求められると思います。

 このレベルの方々、どうぞ趣味のみだった城館跡への情熱を忘れずにお勤めに勤しんで下さいませ。
中世城館跡が更に面白くなる?
儀一アドバイス
●他の趣味と掛け合わせた城館探訪をしてみるのがいいかも知れません。
●仕事以外の人と共に城館を探訪し、素直に意見交換をするのもいいかもです。
    
前のレベルを見る 次のレベルを見てみる

雑記帳へ 最初へ戻る トップページへ